Days of Mac and Run

脊柱管狭窄症と診断され、2022年6月に腰椎後方固定術で腰部にチタンスクリューを埋め込んだ元サブ3.5ランナーがフルマラソンの完走を目指すブログ

みちくさマラソン Over Night 60km その2

昨日、近所をジョグ中にみそらさんに会ったよ。

 

み:「あれ?昨日けっこうな距離走ってたよね?」

ま:「は、はっ…。」

み:「バカっじゃないの!!

ま:「は、はっ…。」

 

って、ドMなジジイにとって、最高の褒め言葉を頂戴いたしました。

グラツィエ、みそらさん! ← お前はケーシー高峰か(ふるっ)

 

帰宅して、相方に話したら、

「みそらさん、最高!!」って大ウケ🤣

 

f:id:MacRun:20210614173803p:plain

 

ってなことで、

昨日の「みちくさマラソン Over Night 60km」の記事が、あっさりしすぎていたようなので、需要はないとは思うが、備忘録として書き残しておこうと思う。

まぁ、文書は苦手なので写真多めで💦

 

それでは、「みちくさマラソン Over Night 60km」レポ、スタート!

 

登場人物

Aさん♂:ラン歴20年以上のベテランランナー。年齢は50代前半。走力は3時間15分ぐらい。ハーフは80分台。大手企業に勤めハイソな車に乗っているセレブランナー。

Yさん♀:教育機関にお勤めで、隣町の走友会のメンバー。もちろんフルマラソンを4時間を切るサブ4ランナー。キツイ練習会のメニューも淡々とこなし、絶対弱音を吐かない美ジョガー

 

今回は週末の練習会のメンバー(Aさん、Yさん)と3人で参加。

当日、海老名駅に集合してスタート地点へ向かう。

16:03  横浜行きの電車に乗車。

16:30  横浜駅到着

横浜駅からは徒歩で集合場所(スタート地点)の高島中央公園へ。

17時の受付時間前なのにすでに参加するランナーが大勢いたよ。

f:id:MacRun:20210614175738j:plain

受付では、検温、そしてヘッドライト、マイカップの確認後、参加賞の大会Tシャツとマップをもらう。 マイカップは間口の狭いペットボトル不可ということだったが、間口の広いペットボトルを持参したが、それがNGになってしまう。「そこにOKストアさんがあるので、そこで購入してまた受付に来てください。」と言われる。 スーパーまで行くのが面倒なので、別の場所で受付をしたAさんにカップをお借りして、あたかも買って来たかのようにして、再度受付へ。「はい!OKどぇ〜す!」

ニンマリ🤣

 

※よい子のランナーの皆さんはこんなことをしてはいけませんよ。

(途中、コンビニで携帯用のコップを購入しました)

 

受付を済ませた後、しばらくして開会式が始まる。

主催者側からの注意点

①歩行者優先

②信号など交通ルールを守ること

③順位を競うレースではないこと

④早くゴールしても何もないこと

(始発電車までかなり時間があること)

⑤街灯がない真っ暗なコースもあること

⑥ヘッドライトをつけて走ること

⑦マナーを守ること

⑧密集場所ではマスクを着用すること

⑨セブン・イレブン茅ヶ崎サザンビーチ店は「利用お断り」になっているので利用厳禁!

⑩リタイヤするときは必ず関係者に電話連絡をすること(スマホ持参で走ること)

 

スタート前に記念撮影!

f:id:MacRun:20210615061217j:plain
20名1組で、1分間隔のウエーブスタート。

我々は5番目の18:05にスタート。

(主催者撮影)まっくさんたちは一番後ろ 

f:id:MacRun:20210615061203j:plain
ちなみにグループごとに2名の見守り隊ランナーが途中まで並走してくれる。

f:id:MacRun:20210615061233j:plain
保土ヶ谷駅を過ぎ狩場インター付近まで見守り隊がコースを案内。その後もコースアウトしないように要所要所に見守り隊が案内してくれている。これにはホント感謝、感謝。

 

フルマラソン以上の距離を走ったことがないYさんを無事にゴールまで導くことが、今回の最大のミッション。

 

こうして、2018年の柴又以来のロング走がスタート。

(次回に続く)

 

んでば、まだ👋