Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

いわて盛岡シティマラソン その2

午前9時の号砲をナコラマさんと二人で待つ。STARTを待つ我々の位置は、おそらくSTART Lineから10mもなかったと思う。日本陸上競技連盟の公認Raceでもあるし、GrossTimeを狙うにはChanceかもしれない。なんてくだらないことを考えていた😆

そして9時の号砲と共にSTARTLoss時間はなんと13秒!さらにRunner渋滞などなく、いい具合に流れていた。ナコラマさんは御所湖の上り坂まで450秒ぐらいのPaceで行くとのこと。自分は510秒ぐらいのPaceで行く予定だった。しばらく併走していたが、あまりにもPaceが速いため、自分はPaceを落とすので、(大滝詠一風に😆)「お先にどうぞ!どうぞお先に!」と伝え、背中を見送った。Pace440秒ぐらいだったと思う。

その後Paceを落とすも周りのRunnerにつられて5分を切っていた。「こりゃ、30㎞もたないな😭」とぼんやり考えていたら、うしろから「まっくさ〜ん」と叫びながらキロ3分ぐらいの猛Speedで抜いていった人がいた。

「ちょ、ちょ、ちょびさん…。」

あっという間に見えなくなってしまった。

 

f:id:MacRun:20191029132223p:plain

はやくも、ベホマズンの効果か?

 

f:id:MacRun:20191030050909p:plain

盛岡内丸付近

 

5kmまでのPace

f:id:MacRun:20191029132535p:plain

 

 

10kmまでのPace & Gross TIME

f:id:MacRun:20191029132726p:plain

10km 4857秒 4910

 

予定していたPaceを超えて走っていると、前に大きな集団が走っていることに気がつく。もしかして、ラビット(ペースメーカー)?

蛍光色のJacketを着たラビットが3人。背中をよく見ると3時間30分と書いてあった。しばらく同じPaceで走っていると、なんだか凄く楽に走れていることに気がつく。

 

「こんなPaceでいいんだ?」

「こんなPaceで走れば、3時間半を切れるんだ!?」

「決めた!ついていこう。この集団でGOALまで行こう。」

 

そして何も考えずに、ひたすらコバンザメのように後ろにピッタリくっついて走った。

「御所湖の上りまでに貯金を作っておきたいので少しPaceを速めています。」とご丁寧に説明があった。

 

25km付近から始まる御所湖の上りはこんな感じ。

f:id:MacRun:20191029135117j:plain

START前にtkさんが、「こんな這って昇るような坂道…。」と言ってたことを思い出す。

この夏はFlatCourseを避けて、出来るだけUpDownがあるところを走ろう!と起伏走の回数を増やし、市内にある激坂「清水坂」で坂Dashなども練習に取り入れてた。その練習がこの本番で発揮できればいいのだが…。不安な気持ちと練習の成果を試してみたいという気持ちのどちらもあった。

 

今回のCourseは、Slide区間がいくつかあるため、その区間では反対車線を走るはてブRunnerを探すのも楽しみだった。

まずはおいやんさんSlide。はやっ!(おいやんさんには2度ほど声援をいただいた。)ペースメーカーの方から「市民Runnerですか?」と不思議な質問を受けた😅

そして元気な走りのナコラマさんとも3回ぐらいSlide。結局、最後まで追いつけなかった。モルテン+ここでもベホマズン効果か。

f:id:MacRun:20191029132223p:plain

 

真っ赤なランシャツのtkさんも声援をいただいた。2度目に声をかけてもらったときは、こっちが気がつかなかったのでとても嬉しかった。そして彼からPowerを注入。A-Block、ゼッケンは陸連登録の3桁。さらに真っ赤なRUNNING Shirt。誰が見てもエリートRunnertkさん。彼曰く、突っ込みすぎて途中で撃沈してしまい、Sub4PaceGOALを目指すエリートRunnerの設定だとか。いやはやさすがのStoryでふ。

 

ちょびさんとは御所湖のあたりだったかと思う。力強い走りのまま、Center Line側へ寄ってきていただいたので、「よし、!HiーTouchだ!!」そう思い、手を伸ばしたが…。

f:id:MacRun:20191029140911j:plain

「あららら…。」😢

そんな感じでしたよね、ちょびさん?😆

これ、おいやんさんだったかなぁ?😅

 

そして、Turquoise BlueはてブTを着た長身のRunner2度ほどSlide。最初のSlideでは「ん?どなただろう?」とお声もかけずにやり過ごしたが、2度目の時は御所湖を下ってきた長身のはてブロTを発見し、今度は声援を送ろう!Slideする際に「はてブロ、頑張れ!」と声をかけてみた。TwistHound-Dogで活躍していたBassの鮫島さん似で長身でイケメンだったのでちょっとDoki-Dokiしてしまった(笑)

f:id:MacRun:20191029143153j:plain



またまた横道に外れてしまった😅

 

20kmまでのPace & Gross TIME

f:id:MacRun:20191029144556p:plain

20km 4907秒 1時間3817

 

ペーサーにピッタリくっついて走るのみ。

ここから基本上り。そして25㎞からさらに急な上りに入る。それまでピッタリ付いていたが徐々に離される。でもここは踏ん張った。最大2mほど後方に離れたが、下りで定位置に付くことができてひと安心。

 

30kmまでのPace & Gross TIME

f:id:MacRun:20191029145141p:plain

30km 4930秒 2時間2747

 

あとでGARMINDataで確認して、4分台で駆け上がったことにひとりニンマリ。あとは多少のUpDownはあるが基本下るのみ。

 

坂を下ったところで、これから坂を駆け上がろうとして頑張っている青豆さんSlide。「ペーも頑張ってるから、パー子も頑張ろう!!」そんな気持ちで青豆さんを応援。4月のイーハトーブ花巻ハーフマラソンの時も同じようなシチュエーションだった。これはやなり偶然ではないかも。はてブロのペー&パー子」の誕生は、あの時だったのかもしれない。

 

32kmを過ぎたあたりでペーサーがPaceを落とす。

集団が小さくなったこと、2分ほどの貯金があるということで、Paceを落として集団を大きくするとのことだった。

まだまだ力が残っていたので、ここでペーサーの前に出ることに決めた。でも突然脚が攣ることだってある。ここは無理せず45055秒ぐらいのPaceGOALを目指そう!

ここからひとり旅が始まった。3536km付近でナコラマとSlide。やはり力強い走りだった。これはSub3.5は間違いないだろうと確信した。こっちもここで力尽きたら3時間半を切れない!あと少し頑張ろう!

 

40kmまでのPace & Gross TIME

f:id:MacRun:20191029145720p:plain

40km 4948秒 3時間1735

 

f:id:MacRun:20191029132223p:plain

ここで初めて自分にもベホマズンの効果が…。


最後の2kmは必死に走った。もしかしたらPB更新?

でも自分のBestTimeをハッキリ覚えていない。1秒たらずにPB更新出来なかったら泣けてくる。最後は懸命に腕を振って走った。

 

FinishまでのPace & Gross TIME

f:id:MacRun:20191029151558p:plain

〜Finish 10分34秒 3時間28分09秒(Gross)

 

最後はこの日最速の427Pace

 

終わった……。

PB更新できたのか…????

 

次回に続く

 

【参考】

f:id:MacRun:20191029153902p:plain

 

んでば、まだ👋