Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

イーハトーブ花巻ハーフマラソン その3

今回参加したイーハトーブ花巻ハーフマラソンは、まったり、ノンビリ、そしてほのぼのとした大会だった。

f:id:MacRun:20190423064153j:plain

走り終えたランナーはこんな感じでトラック内の芝生の上でノンビリ過ごしてた。

 

抽選会

走ったあとはお楽しみの抽選会。ハーフマラソン完走者の中から抽選で台北ラソン東京マラソン湘南国際マラソンの出場権が当たる抽選会がある。

青豆さん、ジャスミンさんとおしゃべりをしながら芝生の上でノンビリ待っていたが、残念ながら青豆さんは抽選会が始まる前にご主人と帰宅する事になり、「仙台でまた!」とお別れ。

ジャスミンさんと次々に読み上げられるゼッケン番号にドキドキしながら待っていた。この抽選会、その場にいないと出走権をもらえないことになっている。せっかく当選してもその場にいないと次々にゼッケン番号が読み上げられるというもの。

 

そして、まさかの出来事が!

そして、そして、その時がきた。

「○○○○番!いらっしゃいますかぁ〜!!!」

 

「やばい!?わたし?」とジャスミンさん、胸のゼッケンを再確認。

 

なんと台北ラソンの出場権に当選!!!

ステージに駆け寄るジャスミンさん!!!

f:id:MacRun:20190423070043j:plain

市橋さんから目録を手渡され、戻ってきたジャスミンさんと「航空券代とか宿泊費はきっと自己負担かもね。」なんて話していたのですが、HPで確認すると、

f:id:MacRun:20190424050151p:plain

なんと、なんと!!!航空券と宿泊費は主催者の負担!

ジャスミンさん、やりましたね!

 

しかも台北ラソンってこんな大会のよう(ランネットより引用)

台北市の政府前広場をスタートゴールとし、市街地を一周する参加者合計が12万人規模の大会。台北は温暖な気候で走りやすく、日本との時差も1時間と体調管理がしやすい!成田・羽田からのフライトも3時間30分程度と気軽に参加できるもの魅力です。古いものと新しいものが融合する台湾の首都、台北は台湾の魅力がぎゅっと詰まった都市。食の台湾といわれる中華料理や、活気あふれる台北の街を楽しみながら走ってみてはいかがですか?

 

グルメなジャスミンさんにはもってこいのレースかも。

いやぁ、あらためておめでとうございます。

自分は残念ながら東京マラソンの出場権も湘南の出場権も当たらなかった。まぁこんなもんでしょう(笑)

ということで抽選会も終わり、ジャスミンさんともお別れして、走り出したシャトルバスを追っかけて乗車。花巻駅へ向かった。

 

この大会のよいところ

①仮設のイレトではなく、公園内の施設のイレトを利用するため清潔なイレト

②更衣室は野球場内の控室(シャワー完備)

③最寄りの駅から会場まで無料のシャトルバスが利用できる

④スタートの整列は自己申告制

⑤ゴール後にそばとおにぎりが支給される

⑥全体的にノンビリまったりな大会で、我も我もといったよくあるギスギスした感じがまったくないこと。

⑦アルコールの販売がないこと

 

この大会のちょっと残念なところ

①仮設のイレトがないため、少し行列ができてしまうこと

②スタート時間(8時50分)がちょっと早いこと

 自分にとってはベストな時間なのだが…。

③飲食系の出店が少ないこと

④アルコールの販売がないこと(よいところでもあり残念なところ😅)

 

最後に

これからも地元岩手の大会には積極的に参加しようと思う。両親にも会えるし…。

今年は来月の仙台ハーフ、9月の還暦の同級会、10月の盛岡のフルマラソンがあるのでいつも以上に帰省することになるだろう。

 

朝は五分咲きだった桜は、帰る時にはほぼ満開だった。

f:id:MacRun:20190424052829j:plain

イーハトーブ花巻ハーフマラソンのレポはこれにておしまい!

 

んでば、まだ👋