Days of Mac and Run

脊柱管狭窄症と診断され、2022年6月に腰椎後方固定術で腰部にチタンスクリューを埋め込んだ元サブ3.5ランナーがフルマラソンの完走を目指すブログ

入院記録

手術のこと、術後のことを記録しておこう。

2022年6月

15日(水)仕事の合間に指定された病院で手術前のPCR検査

16日(木)13時入院手続き、手術前の検査、夕食は病院食

17日(金)朝から絶食、点滴。13時ストレッチャーに乗せられ手術室へ。テレビドラマのワンシーンのよう。

医師:「寝ている間に終わりますから。」「それじゃ、麻酔いれていきます。」「まっくさん、まっくさんまっくさん、まっくさん 

目が覚めたら手術は終わっていた。手術前にはいていた下着を身につけていないことに気づき、どこに行ったんだろうと不安になる。この日は終日点滴。激痛で夜眠れず。痛み止めの座薬を投与入れられた瞬間、なぜか痛みが和らいで気持ちよかった🤣

 18日(土)やはり痛みがあり、食事が全く摂れず、終日点滴。身体から3本の管(点滴、尿道カテーテル、ドレーン)が出ていた。自分では何もできず、全て看護師とヘルパーさんの介助が必要。シャワーを浴びれないため、全身を看護師に拭いてもらう(おしょす)リハビリ開始。自力で立ち上がることができず、もちろん二足歩行もできず。

19日(日)小は垂れ流し、大は車椅子で移動(自分でズボンを下げることもできず)午後、尿道カテーテルが外れ、精神的に少し楽になる。食事は少しずつ食べられるようになる。日曜日のためリハビリはお休み。自力でベットから立ち上がる練習。

20日(月)CT検査車椅子から歩行器へ。ただお手洗いに行く時などは看護師の見守りが必要。夕方、相方が着替えを届けにきてくれる。コロナ禍のため面会できず。

21日(火)ドレーンが外れる。見守り隊解除。歩行器で自由に歩けるようになる。

 22日(水)シャワーの許可が出る。ヘルパーさんに背中を洗ってもらう。

23日(木)退院日決定。レントゲン撮影。1週間ぶりに相方と再会。(2週間に一度、予約することで面会OK)

24日(金)抜鉤。リハビリ(退院時に向けて病院の外をウォーキング)2度目のシャワー。背中は自分で洗う。

25日(土)朝一番でリハビリ(ホームエクササイズ伝授)10時、支払いを済ませ、退院。

 ● 狭窄症の症状は改善。切開した傷口の痛みはあり

● 3ヶ月間コルセットを着用

● 自宅でのエクササイズは必須

●入院費用(手術代含む)約 N-BOX 1台分

 コルセット製作代 約3万円

 入院時に使用した日用品は後日請求あり

●職場から「限度額適用認定証」を発行しもらうことで、自己負担は上記の費用の約1〜2割。

医療保険に加入しているため、実際負担した費用以上の払い戻しあり。

 大袈裟だけど、お守りとして、ベットの横に娘の写真をずっと置いていた。

んでば、まだ👋