Days of Mac and Run

脊柱管狭窄症のランナーがフルマラソンの完走を目指すブログ

キーボードのインサートキー

ほとんど使用せず、知らず知らずのうちにキーに触れていて、上書き入力してしまった経験は誰でもあると思う。

 

insert キー

 

こんなキー、なくてもいいのでは?

邪魔なだけ!!

 

本来の役割は、

①上書きモードでそのまま打ち直せる

②元の文字列を消去する手間が省ける

 

電話番号など桁数が決まっている文字列を修正するときなどBSやDeleteキーで消去してから打ち直すのは面倒。

 

あれば多少便利だが、なくてもまったく困らないどころか、ない方がいい!

 

「ほとんど役に立たず、いなくても困らない、かえっていないほうがいい」

 

実はあまり知られていないが、コピペのショートカットとして使用できる

Copyは、Ctrl+Insert

Pasteは、Shift+Insert

 

通常は、

Copyは、Ctrl+C

pasteは、Ctrl+V

 

左手で、コピペするか、右手でコピペするかの違いだが、通常右手はマウスを操作しているはず。なのでやっぱり、このショートカットは使えない!

 

「できることといえば、無駄なことばかり。」

 

Insertキー 無効化する方法もある。レジストリーというWindowsがシステム情報を記録しているデータベースを変更する方法。でも直接レジストリーをいじるのは敷居が高い。

 

「排除するには、訴えられないように法的に武装してから行為に取りかからなければならない」

 

一番いい方法は、Insertキーを外す!

f:id:MacRun:20210708053303j:plain

外したInsertキーはそのうち絶対失くしてしまうが、元々いらないキーなので、失くしてもノープロブレム。Insertキーを外してしまえば、間違って押してしまうことはない!

 

「窓際に追いやる!そのうちやめるだろう。やめても元々必要ないから問題なし!普段は接しないから間違った対応して、自分の首を絞めるようなことにもならない。」

 

そっか!

オレはInsertキーだったんだ。

f:id:MacRun:20210708053311j:plain

ということで、

 

しーゆーねくすとたいむ、

しーぶりーず👋