Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

青梅マラソン その1

今回の登場人物:

ジャーマネことパパさんちみのすけさん全力さんトマスさんKANA先生みぞれさんびあーさんわたなべ隊長、首○大に勤める○○さん

 

今回の青梅は、『ひっそりと行ってこっそり帰ってこよう!』と思っていたが、前日に毎年有料の荷物預けの申し込みをしていなかったことに気がつき、どうしようかと悩んでいたところにパパさんからTwitterのダイレクトメールが届いた。

 なんでも『青梅が初めての人が多いからパパさん、アテンドよろぴく!』とちみさんから連絡があったよう。

ということで、『ひっそり&こっそり青梅』はやめ!

 相変わらずいい歳こいてパパさんにおんぶにだっこな自分を情けなく思うも、パパさんのナイスなアテンドに甘えてのっかることに。

目的地の河辺駅までは、相模線、八高線と乗り継いで行くのだが、通勤電車で利用している小田急線に乗ってしまい動揺を隠す自分😅

f:id:MacRun:20190219061338j:plain

 

河辺駅に集合したのは全力さん、トマスさん、KANA先生、みぞれさん、そしてジャーマネことパパさん。びあーさんは遅れて合流。

 手荷物預かりをしてくれるクリーニング店へ。

f:id:MacRun:20190219055209j:plain

石油ストーブ&窓から差し込み日差しでポカポカな民家の一部屋で出走の準備。

 

しばらくするとびあーさんがトマスさん一時帰国歓迎のトレーナーで登場。

トマスさんからはお土産をいただく。いつもありがとうございます。

f:id:MacRun:20190219063121j:plain

 

自宅から持参したおにぎり&よもぎもちをお茶を飲みながらいただく。

お年寄りのお茶会みたいな雰囲気😆

f:id:MacRun:20190219061819j:plain

スタート時間まではそんな感じでまったり過ごした。

全力さんは、まったりし過ぎ😆

f:id:MacRun:20190219062002j:plain

 

11時前にそろそろ行くべぇ!とクリーニング店を出る。

そこで偶然にもわたなべ隊長と遭遇!なんという偶然。

はてブロランナーが揃ったところで恒例のシューズ円陣!

f:id:MacRun:20190219062134j:plain

画像:KANA先生、わたなべ隊長より拝借

 

そしてその後、それぞれのスタート地点に移動。

スタート地点に近い方から、びあーさん、自分、全力さん&トマスさん、KANA先生&みぞれさんの順。(KANA先生&みぞれさん、全力さん&トマスさん、の順?)

全力さんは4′50″のペースでいくとのこと。

自分は5分ペースと決めていたので、いずれ追い越されるだろうと思いながら、

日陰を避けいつもどおりコースの右端でスタートを待つ。

スタート直後はかなり渋滞するが、

端を走ることでいくらか渋滞区間でもそれなりのペースで走れる。

昨年の仙台国際ハーフで最後尾(ブロック)からスタートした時と同様に

Street Sweeper作戦。

macrun.hatenablog.com

 

今年で4回目、

さらに一昨年はみんなで試走しているのでコースは大体把握している。

平坦な区間は淡々リズムを刻むように。

上り坂ではキロ6分ぐらいまで落ちることもあるため、

下り坂では肩の力を抜きながら転がるように走ってペースアップ。

最後の4,5kmはなだらかな下りになるので

最後の力を振り絞ってスパートをかける。

というのが自分の青梅の走り方だ。

 

スタート直前に、

「首○大○○さん頑張ってとの張り紙が出てます」

と、知人の名前がアナウンスされる。

「えっ?彼って招待選手だったの?」

 

そして号砲が全く聞こえない中、11時半いよいよスタート。