Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

青梅マラソン その2

静岡マラソンシューズ円陣のお知らせですよ!

kirataku.hatenablog.com

 

今回の登場人物

はりゆうさんびあーさん全力さんトマスさんKANA先生みぞれさんzunzumanさん、練習会メンバーNFのIさん、Sさん、Bさん、Aさん。

 

相変わらずの渋滞にヤレヤレと思いながらStreet Sweeper作戦を実行。

名物の「帰ってこいよ」と「フォークデュオ」を過ぎたあたりで、

ようやく自分のペースで走れるようになる。

 

平坦な場所では淡々と、上り坂はペースを落として、

下りになったらブレーキがかからないような走り方でペースを少しばかり上げる。

 

そんな走り方でトボトボと走っていると軍畑駅付近で沿道から応援しているはりゆうさんを発見。声援をいただく。早朝3時から走って青梅へ。ビックリでふ!

 

さらにさらにトボトボと走って折り返し地点のずっと手前でびあーさんとハイタッチ。はてブロでは数少ない30代前半の俊足ランナーからパワーを吸いとる。

 

その後、練習会のおなじみのメンバーNFのIさんらしきランナーとスライド。

「あれ?走るって言ってたかなぁ???」

(翌日ご本人から連絡があり、はやり走っていたとのこと。速報で確認するとなんと2時間10分台でゴールしていた。速すぎでふ。ちなみに女性です。)

 

15kmのタイムは1時間13分秒。予定よりだいぶ速いラップで折り返す。

 

f:id:MacRun:20190219081008j:image

 

折り返してすぐに全力さんを発見!

あれ?トマスさんは?

一緒に走ってないの?

見捨てたか?

それともぶっちぎられたか?

 

長い坂道を下ってしばらくするとKANA先生とスライド。

スライドするだいぶ前から手を振ってくれたのでKANA先生だと分かった。

湘南の時もそうだったがKANA先生の視力のよさにはホント驚く。

満面の笑顔で気持ちよさそうに走っていた。

折り返してから青梅最大の長く辛い上り坂でブーたれないことを祈る。

 

帰り際にみぞれさんに聞いたところ全然ブーたれなかったらしい。

力がついている証拠。その勢いで板橋では間違いなくサブ4達成するだろう。

みぞれさん、ぺーサーお疲れ様でした!

 

その後も練習会メンバーの大先輩とスライド。

かなりつらそうだが年齢的なことを考えると素晴らしい走りだと思う。

 

澤乃井園付近を通過した時、「はてブロ頑張れ!」の声援をいただく。

zunzumanさんだった!にゃんちゅう!

 

そしていよいよ青梅マラソン最大の試練の場所へ。

すでに何人かのランナーは歩いている。

自分もキロ6分ぐらいのペースでトボトボ駆け上がる。

毎年思うことだがホントあそこは辛い、辛すぎる。

でもこの坂を上り切ればはりゆうさんが応援してくれているだろう。

頑張らないと!

そしてなんとか上りきるとはりゆうさんが登場。

トレードマークのあの帽子はなし(笑)

 

ちなみに昨年は、22㎞のこの区間を5′05″で駆け上がったいた😅

一昨年(2017年)は、5′33″だった。

f:id:MacRun:20190219182948j:image

 

ゴールまでは5分を超えないようなペースで走しろう。

そのまま走ればコースレコード

脚は大丈夫だが例の小指の付け根に痛みが。

カフカしたズームフライでも駄目だったかぁ。

静岡までに少しでも痛みがなくなることを祈るのみ。

 

コースを右折して間もなくして、

すぐに左折するとあとは青梅の街中をゴールまで突っ走る区間

でも今年は向かい風が強かった。

なかなかペースを上げることができずにいると、

練習会のメンバーに追い着かれる。

一言二言話し終えると颯爽とゴールに向かって走り去ってしまった。

 

今回練習会のメンバーで青梅に参加したのは自分を含め6名。

速報をみてみると自分は4番目。

練習会での最後のガチ1km走の順と同じだった(-_-;)

 

最後はもう少しペースを上げられる感じだったが、

小指の付け根の痛みがひどくなってはいけないと思いペースを上げずゴール。

ゴールシーンの画像を見たら、

練習会のメンバーAさんが続いてゴールしていた。

でもグロスで負けていた😢

f:id:MacRun:20190219202412j:plain

f:id:MacRun:20190219081059j:image

タイム2時間26分22秒。

部門別 421位/3102名

総合 1768位/12277名 

 

毎回走り終えて思うのが、青梅の30kmは短く感じるということ。

青梅マラソンが人気なのはそんな理由なのかもしれない。

 

次回は、モスコミュールで乾杯の巻

f:id:MacRun:20190219203731j:plain

She looks cool, but deep down she is very thoughtful.


大藪良多「Deep Down」 | Official Music Video

 

んでば、まだ👋