Days of Mac and Jog

脊柱管狭窄症と診断され、2022年6月に腰椎後方固定術で腰部にチタンスクリューを埋め込んだ元サブ3.5ランナーのジョグブログ

第52回青梅マラソン その2

号砲から48秒後、Start地点を通過。ここでGARMINStart

Startしてしばらくは渋滞するであろうことは覚悟していたが、今年はひどかった。5Pace2時間半で申告していたはずなのに、まわりのRunner6分を超えるようなPaceで走っている。最初は渋滞しても51520秒ぐらいで入れるかと思っていたが、とんでもないノロノロ状態。Startしたばかりなのにこれにはだいぶ焦ってしまった。そこで本来してはいけないZigzag走行を繰り返し、なんとか6分以内のPace1㎞を通過。途中はてブロの幟を発見し、応援団の何人かとTouch

 

f:id:MacRun:20180220063856j:plain

furuhon-yaid:furuhon-yaさん撮影

その後も渋滞は続いた。

 

〜1㎞ 5′38″

〜2㎞ 5′26″

3㎞ 5′03″

4㎞ 5′11″

5㎞ 4′51″

 

ようやくバラけてきたと思ったら最初の上り坂で思ったように4分台まで上げることが出来ず、さらに焦る。それでも「上げないと!」と踏ん張り駆け上った。

「せめてキロ5分のPaceを維持しないと!」と踏ん張るが、UpDownを繰り返す往路ではなかなか安定したLapを刻むことが出来なかった。

 

〜  6㎞ 5′04″

〜  7㎞ 4′55″

〜  8㎞ 4′59″

 9㎞ 4′40″

10㎞ 4′47″

 

ここまで走ったところで、既にかなりの体力を消耗していた。やはりUpDownのあるCourseは苦手だ。

 

今回、ランパンのPocketにあるものを入れて走った。

コレ↓

f:id:MacRun:20180220065431j:plain

Hand Towel

今回はアレをかぶって走ったため、実は汗でニセの髪の毛がペシャンとなるのでは?と思ったので、こまめに頭部にかいた汗をこのTowelで拭こうと思いPocketに入れていた。人一倍汗をかくので…。

で、このHandTowelが意外にいろんな場面で役に立った。Refreshするために給水所で水をかぶったあと顔を拭いたり、Gelを注入するときに切り口をTowelで拭くとすんなり切れる。終盤はたら〜っと流れてきた鼻○までもキレイキレイに拭き取れる。最初から拭いたらちょっとですが…😅

 

そんなTowel Refresh Timeを繰り返しながら折り返し地点まで駆け上がった。

 

11㎞ 5′02″

12㎞ 4′49″

13㎞ 4′54″

14㎞ 4′48″

15㎞ 4′59″

 

途中、ちみのすけid:chiminosukeさんとSlide。相変わらず華麗な走りでTEAMはてブロのTop

Slideするだいぶ手前から、あの甲高い声(High-Tone Voice)で「まっくさ〜ん」と声援をいただく(笑)そしてHigh-Touch!!

 

そして、まもなくえいid:eizackさんとびあーid:beer_beerさんとSlide

アラ?仲良く並んで走っている(笑)

 

ここでも「まっくさ〜ん」とお二人に声援をいただきHigh-Touch!!

このお二人はちみのすけさんの甲高い声とは違い Mid-range😆

 

折り返し地点を過ぎ、しばらく下るとちょうど中間点の15㎞。この時のTimeが、 1時間1624秒、84秒の遅れ(汗)

復路は基本下るだけと思いがちだが、21㎞付近からあの長い上り坂が待っている。とにかく下りでTimeを稼がないと!

 

f:id:MacRun:20180220213038p:plain

f:id:MacRun:20180220213131p:plain

 

前々回の2016年、この上り坂のTimeは、5′46″

そして、前回2017年は、5′33″

 

今年はこの坂を上りきったところに、『はてブロ応援団』が応援してくれている!

みっともない走りは出来ない!!!

そんな思いで駆け上がった。

そして登りきったところにOrange色の幟が!!!

 

応援に駆けつけてくれた皆さん、

そして幟をPresentしてくれた玄id:gemrockさん、ありがとう!!

 

ラカンおやじ、

今年はこの区間を 5′05″で駆け上がることができました。

 

このときの通過Timeは、1時間4947秒。

あと8㎞5Paceで走り切れば2時間半を切ることができる。

 

よし!もうひと踏ん張り

 

(次回に続く)