color="#000000"

MacRun's Blog

お先まっくらんなーな自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

                            走食系なんちゃってGuitaristのブログ

無理せず走ります。

先週土曜日、相方と走った時にまったく脚が動かずに10㎞走るのも辛かった。5日間走らなかっただけなのに、こんなになってしまうなんて。これまで9回、フルマラソンを走ったが、今回のフルマラソンによる身体へのDamageは相当なものだった。(←過去形になっているが現在も体中のあちこちが痛い)

もしかして、このまま走れなくなってしまうのでは、という不安が脳裏を過ぎったため、その不安を払拭するため、昨晩帰宅後に恐る恐る走ってきた。

 

f:id:MacRun:20171211061542p:plain

身体が温まってきたところで、なんとか4分台までPaceを上げることができたが、やはりこれ以上頑張ると、『壊れてしまう』かも。次のフルマラソンは3ヶ月後なので、無理せず調整していこうと思う。58歳だしね。

 

娘が無印良品の紙袋に描いた似顔絵illustration

そっくりです😆

f:id:MacRun:20171211062320j:plain

注:Message Cardに書いてある「たろう」は本名ではなく、あだ名でふww

 

んでば、まだ✋

ボチボチ走り出します。

フルマラソンのあと脚の具合が良くないのと、飲み会が多いため昨日5日ぶりに相方と走ってきた。Race後に救急車で運ばれた相方は疲れもまったく残っていないようで元気に走っていたが、自分はこのPaceで走るのが精一杯。ボチボチ走り始めます。

 

f:id:MacRun:20171210071802p:plain

先週1週間は、個人的な記念日と忘年会が重なり、飲むことばかり。帰宅時間も遅くなるため疲労がまったく抜けないまま週末を迎えた。

 

職場では、お祝いに缶Coffee1本いただいた😆

そして忘年会…🍺

f:id:MacRun:20171210072114p:plain

 

さらに知人に祝っていただき、例のパチパチ✨

f:id:MacRun:20171210072226p:plain

お皿には、『PB更新おめでとう🎉3時間3825秒!」となるはずが、手配Missだったらしい😆

 

さて、今日もEventで休日出勤。

昨年は、無理矢理Santa ClausさんのCosplayをさせられたが、今年はなし!

f:id:MacRun:20171210073415j:plain

なんか、ちょっと残念な気もする😆

今年は、今月の『パパ練@皇居Cosplayするかぁ

 

んでば、まだ✋

湘南国際マラソン 最終回(青空宴会編)

無事Goalし、Medalを首にかけてもらう。今年の完走Medalは、こんな感じ。

f:id:MacRun:20171208063009p:plain

パッと見、飛行石みたい!

これまでもらったMedalの中で一番好きかもしれない。

 

Medalをかけてもらい、計測Tagを外してもらったところですでに着替え終わったちみのすけさんと合流。naoさんが応援していた大体の場所を伝え、自分は荷物を取って着替えることに。置いた場所に荷物がなく、必死に探してようやく見つける。そそくさと着替えて、ちみのすけさんと再び合流。まもなくしてnaoさんから電話があり、無事に再会。さらにpetaさんにも連絡して4人が揃ったところで青空宴会の始まり。すでに一杯やっていたpetaさんの情報で400円生Beerにありつけた。

 

まずは、乾杯だべぇ!

f:id:MacRun:20171208051454j:plain

おつかれさま~!

この日のために、禁酒していたので最初の一杯が特別うまい!naoさんは3時間一桁台のTimeで目標達成!残念ながらSub3達成はお預けになったちみのすけさんも次回に向けて確かな手応えを感じているようで相変わらずの楽しく、いつものごとく遠慮ないTalkが炸裂(笑)petaさんは、応援しすぎたのか?ものすごいガラガラ声。おしゃべりするのも辛そう(笑)「次は絶対にSub3とるぞ!!」っと盛り上がっていた。

 

ちなみに飲食Areaはこんな感じ

f:id:MacRun:20171208051951j:plain

 

そんな中で地べたに座り込んでの青空宴会

f:id:MacRun:20171208052250j:plain

 

気温も高く絶好の宴会日和だった。こちらはちみのすけさん撮影の1枚。偶然にもnaoさんとちみのすけさんは昨年のちばアクアラインマラソンBagで参加。

f:id:MacRun:20171208052533j:plain

 

相方も無事Goalしたことを確認。相方も加わって横断幕を掲げて集合写真を撮り、青空宴会終了!

相方撮影(左からpetaさん、naoさん、自分、ちみのすけさん)

f:id:MacRun:20171208061511j:plain

「のぼり、横断幕を作りたい!」そんな方は是非こちらへ

親切、丁寧、仕事が早い!!

www.noboriya-kobo.co.jp

 

こちらはpetaさん撮影(左からnaoさん、自分、相方、ちみのすけさん)

f:id:MacRun:20171208061351j:plain

大会関係者の皆様、Volunteer Staffの皆様、RunnerのためにSupportして頂きありがとうございました! 沿道から熱い声援を送って下さった皆様、心より感謝致します。

 

最後に激走?Shotを😆

f:id:MacRun:20171208063535p:plain

来年も走るぞ!湘南!

f:id:MacRun:20171208063926p:plain

んでば、まだ✋

 

ヘビロテでふ👍

きわどいシーンあり😆

youtu.be

湘南国際マラソン その2(スタートからゴールまで)

 

いつもより文字数が多めですが、お付き合いくださいませm(._.)m

 

 

090320

辛くて長いキロ5分の旅がStart

 

最初の1㎞はゆっくり入り、そのあとは予定通り5分のPaceを刻むことに。Start時間までだいぶ待たされたおかげで、早くも尿意が。Race中にToiletに立ち寄ることがほとんどないが、今回は早めに立ち寄ったほうがいいと判断。ひとつ目はかなり混雑していたのでPass。そして、ふたつ目のToiletに立ち寄る。ここでのStoppage Timeが約1分。

 

10㎞までのLapはこちら 

f:id:MacRun:20171207050339j:plain

 

10㎞手前でPaceが上がったのは、沿道から応援してくれたおいやんさんに、『遅いですよ!』と叱られたから(笑)

さらにその先でアラレちゃんに扮したバンビさんが応援!「まっくさ~ん」の黄色い声援で年甲斐もなく舞い上がってしまい、自分としてはかなり速いPaceになってしまった(汗)

 

そして、冷静にららら5分

f:id:MacRun:20171207050456j:plain

Paceを維持すればよかったのだが、江ノ島を折り返してきたnaoさんとスライド。Center Lineまで寄って走ってきてくれたnaoさんとHi-touch!これにはPowerをいただいた。残念ながらchiminosukeさんを見つけることはできなかった。おそらくSub3のぺーサーの集団に紛れていたのだろう。naoさんさんとHi-touchしてしばらくすると、はりゆうさんらしきRunnerを発見!ん?なにか被り物をしてる?走りながら振り返り手を振る。あとではりゆうさんに確認したら、やはりご本人だったらしい。あのPaceであれば間違いなく3時間半はきれるだろうと確信した。負けてはいられない。自分も頑張ろう!そのあと沿道から応援しているまなたけさんを発見!「まなたけさ~ん!」と手を振るが、ご本人はキョトンとしている。これもあとでわかったのだが、自分がSunglassesをしていたので分からなかったようだ。いずれにしても沿道からの応援は力になる。そして江ノ島手前の折り返し地点に。 Cowbellを鳴らしながら市川パパさんが応援してくれているはずと、あたりを見回すが見つけることができず、残念。この10㎞をほとんど450秒を切っているのははてブロの皆さんの嬉しい応援のおかげ。Toiletに立ち寄った分をこの10㎞で取り戻した。

 

 

これはいけるかも!復路30㎞手前の茅ヶ崎あたりでバンビさんが応援してくれているし、さらにその先にはおいやんさんが。往路で叱られてしまったので、キロ5分を超えるわけにはいかない。応援を力に走り切ろう。

 

20㎞以降も懸命に足を前に動かすが、25㎞を過ぎたあたりから徐々に足がいうことをきかなくなってきた。辛い…。ここでつくばマラソンSub3.5を達成したしろくまさんの名言「辛いのは気のせい…。」を思い出し、つぶやき始める。そして何とか持ち返したところで、板橋に舞い降りた天使バンビさんが、茅ヶ崎にも舞い降りてくれた!!お友達のゆきちゃんさん、バンビさんとHi-touch!でも、交わした言葉がたしか「疲れてきた…。」だったような。そのあと再びおいやんさん登場。湘南大橋の手前から並走し「肩の力を抜いて!深呼吸!Resetして!」そのあと、おいやんさんは「俺についてこい!!」とばかりに猛Speedで走り出す。どなたかが書いていたが、やっぱりおいやんさんはオラオラ系だと思った瞬間だった。皆さんのおかげで、ここまでなんとか3時間半を切れるPace30㎞を通過。ただし、貯金はたった52秒。

f:id:MacRun:20171207051544j:plain

 

しかし、自分の力はここまで。次第に5分を超えるPaceになり、32㎞を過ぎたあたりから、脚が攣ってきそうになる。Aidで一旦足を停めてしまったのがいけなかった。ビッキーン!!攣った、攣ってしまった。数秒立ち止まり、Stretchして再び走り出す。これまで何度も脚を攣っているので、その経験からまだまだ走れる。まっすぐ地面に足を着けられれば大丈夫。初フルで脚が攣った時は、足を地面に付けることもできず、歩くことさえできなかった。まだ走れる!「辛いのは気のせい」「脚が攣っているのも気のせい」そんなことをブツブツ呟きながら残り10㎞を走った。いつもの河川敷コースを走っているときの風景を思いだしながら…。

f:id:MacRun:20171207051825j:plain

 

大磯Prince Hotelを通過あと5㎞。ここでフランス産のとっておきのGelを投入!効いてくれ!頼む!!新婚時代を過ごした二宮で折り返し。最後のAidで頭から水をかけ、ふたたびGoal地点の大磯に向かった。

f:id:MacRun:20171207052005j:plain

 

41㎞、あと1㎞というところで、ふたたび脚が攣る。しかもかなり重症。足を引きずるようにしてビタッと立ち止まってしまった。後ろを走っていたRunnerはさぞびっくりしただろう。ぶつからなくてホントよかった。ここで2、30秒ぐらい立ち止まり、足のピクピクが弱くなったころで三たび走り出した。Goalはすぐそこ。そこに走り終えたnaoさんが再び登場!金網越しに「まっくさーん、頑張って!」naoさんの声援が脚が攣っていることなど忘れてしまうぐらいうれしかった。気持ちを切り替えGoalを目指す。そして湘南Bypassをハズれ、湘南国際マラソンの最大の難所「急カーブの坂道」に入る。ここでテキヤのおっさんのようなダミ声が。「まっぐさーん」。もしかしてあの声はゴールで応援してますとコメントをくれたpetaさん?姿は見えないがしっかりと声援は聞えていた。もう涙が出そうなぐらいうれしかった。そして、そして坂を駆け上がってFinish地点が見えた時に、今度はあの甲高い声で「まっくさん、走って!走って!!」のchiminosukeさんの声が!

f:id:MacRun:20171207061238j:plain

 

3時間半は切れなかったものの40分を切って無事Goal!はてブロの皆さんに支えられて走り切った42.195㎞の旅がやっと終わった。

f:id:MacRun:20171207052655p:plain

GrossTime 3時間4145

NetTime  3時間3825

 

次回、青空宴会に続く

湘南国際マラソン その1(スタートまで)

Race Repoは大会当日の朝からStart

毎年、相方と「去年は何時の電車に乗っていったけ?」となるので、来年のために記録しておこうと思う

我が家から大会会場の大磯までは、電車で約40分。昨年は混雑を避けるために早めに家を出て、時間を持て余してしまった。今年は623分大磯着の予定で自宅を出発。

 

0623

予定通り大磯駅に到着すると、すでに降り立ったホームはRunnerで溢れかえっていた。改札を出てShuttle Busの乗り場に向かうが、ここもすでに長蛇の列。

f:id:MacRun:20171206051343j:plain

はてブロの皆さんとの集合時間までは余裕で間に合うので、慌てずに少しずつ乗り場へと移動している列に並んだ。すでに自宅を出ていたnaoさんに大磯の混雑情報を伝えると、naoさんは混雑をさけ、ひとつ先の二宮駅に向かうと連絡が入った。大会本部も二宮から会場入りするRouteを勧めていた。あとでnaoさんに聞いてわかったが二宮駅も大混雑で結局Shuttle Busには乗らずに歩いて会場入りしたとのこと。

 

0641

シャトルバスに乗車。

f:id:MacRun:20171206051414j:plain

大磯Prince Hotelに向かう。Busの中から歩いて会場まで向かっているRunnerが多いことに驚く。

 

0657

大磯Prince Hotelに到着。

f:id:MacRun:20171206052151p:plain

毎年思うがここからの日の出はとてもきれいだ。Hotelの部屋から眺めれば、より感動するだろうといつも思う。

f:id:MacRun:20171206052606j:plain

 

0704

Goal地点

相方と「無事にここに戻ってこよう!」と気合を入れる。

f:id:MacRun:20171206052728j:plain

 

07時07分

集合時間までまだ時間があるので相方と記念撮影📷

f:id:MacRun:20171206053417p:plain

そして、それぞれToilet

その後、Family Runの受付・荷物置場になっている会場(Bowling場の隣)の前で待ち合わせして室内へ。空いているSpaceSeatを広げ着替え。着替えといっても既に走る格好の上に上着を着てきたのでただ脱ぐだけ。持参した大福餅を食べたあと、荷物を預ける準備をしてはてブロの皆さんとの集合場所へ向かう。このとき既に0745分。

 

0750分 

集合場所のMain Stage前に到着すると、凄い人だかり!!

 

完全に集合場所の設定Miss

皆さん、すみません🙏

 

キョロキョロとあたりを見回していると、chiminosukeid:chiminosuke)さん登場!! そして、naoid:saitoh_naoki)さんも到着!

取りあえず、相方を含め4人でShoes円陣。はてブロ横断幕を広げて記念写真を撮っていると、そこにおいやんid:oiyan-runさん到着。

盆ジョガーのDaisukeid:daisuketanaka1349)さんにもお会いしたかったが、残念ながら会えず😢 次回、また何処かで!

 

0756分 あらためてShoes円陣 & 横断幕掲げて集合写真

f:id:MacRun:20171206063346p:plain

おいやんさん、わざわざお越しいただきありがとうございました。

 

「頑張りましょう!」とお互いの健闘を誓って、それぞれのStart地点へ

 

相方と自分はまだ荷物を預けていなかったので、荷物預かり場所へ。相方とはここでお別れ。

 

0812

荷物を預けたあと、C-Blockに整列

f:id:MacRun:20171206064525j:plain

ここで事件勃発!

C-Blockの列にD-BlockRunnerがひとり紛れ込んでいた。それに気がついた女性Runnerが、「ここにD-Blockの人がいます!」と大きな声で大会係員にアピール。まわりのRunnerと大会係員がD-Blockに移動するように注意をするが、「僕は,大丈夫です。」と意味不明なこというばかりで、その場に居残っていた。しばらくするとまわりのRunnerから「出てけCall」。その後、Start地点への移動が始まったので、最後どうなったかは分からないが、Ruleを守れないRunnerがいることにとても残念に思った出来事だった。

 

0845

C-BlockStart地点へ大移動が始まった。

 

0900分 

号砲がとどろき、Start

 

090320

Start地点を通過。

キロ5分の辛くて長い挑戦が始まった。

 

(次回に続く)

湘南国際マラソン【番外編】マラソン大会、もしものときのために

昨日はたくさんのコメントありがとうございました。

さらに沿道で応援してくれたおいやんid:oiyan-run)さん、バンビ(id:rain-cascade)さん、市川パパ(id:ichikawa-papa)さん、まなたけさん、peta(id:run3die)さん、ありがとうございましたm(_ _)m

 

さてRaceRepoに入る前に番外編からStart

実は昨日に引き続き、今日も大磯へ行ってきた。行き先はここ!

f:id:MacRun:20171204155031j:plain

東海大学医学部付属大磯病院。

昨日、青空宴会を切り上げてnaoid:saitoh_naoki)さん、chiminosukeid:chiminosuke)さん、petaid:run3dieさんと大磯行きのBusに乗り込んだが、途中で相方が気分が悪くなり運転手に無理なお願いをして途中下車。みるみるうちに症状が悪化したため、すぐに119通報。(職業柄119番通報は慣れているが、身内となると慌ててしまう)

救急車の車内でマラソン大会のゼッケン番号を聞かれ、救急隊員がMemoをしていたのが気になったが、帰りの車内で湘南国際マラソンの事務局から電話連絡があり、保険が適用になるとのことを知った。

搬送されたのが東海大病院。約1時間の検査のあと医師から説明で、「脱水症状」だと分かった。給水場では必ず水分を補給していたというが、足りなかったのだろう。それに加え、普段はTIMEをまったく気にせず、Aidを楽しむためだけに走っている相方が何故か昨日はTIMEを意識して走ったという。

先年のアクアラインマラソンで、Aidで配っていた食べ物をコンビニ袋に入れて持ち帰る相方😅

f:id:MacRun:20171204161629p:plain

いつもは5時間以上かけて帰ってくるが、昨日は5時間を切って大幅にPB更新をしていた。いつも以上に頑張ったこともその原因だったのかもしれない。数値が下がったところで、帰宅を許され、迎えに来てくれた娘の運転で家族3人で無事帰宅。

昨日は保険証も現金もCredit Cardも持っていなかったために今日、医療費の支払い行って来たというわけだ。(請求金額は2万円弱)

ちなみに搬送された東海大学病院には、マラソンで体調が悪くなったRunnerの付き添いが大勢いたのには驚いた。

 

ということで、

教訓その1 Raceに出場するときは、必ず保健証を持参すること

教訓その2 現金またはCredit Cardも持参すること。(地方に遠征するときは必ずCreditCardをウエストポーチに入れて走るのだが、今回は近いために持って行かなかった😢)

教訓その3 保険証、ETC Cardなどの保管場所の情報は家族で共有すること

 

naoさん、chiminosukeさん、petaさん、お騒がせしてすみませんでしたm(_ _)m

今日は体調も戻り、元気にしております。

 

んでば、まだ✋