color="#000000"
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacRun's Blog

お先まっくらんなーな自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

届きました\(^O^)/

今朝も早朝JOG。

起床3時50分。

f:id:MacRun:20170426062218j:plain

4時11分、自宅をスタートして10㎞のビルドアップ走。

 

f:id:MacRun:20170426061228p:plainf:id:MacRun:20170426061327p:plain

画面が見づらいが、5分15秒からペースを上げて最後は4分33秒でFinish。

 

f:id:MacRun:20170426061654p:plain

左手首にGARMIN、右手首にAppleWatchをつけて走っているが、やはり微妙に走った距離が違っている。AppleWatchをつけて走っている理由は心拍数。ちなみに最大心拍数は177

最大心拍数の公式は 220 - 年齢 → 220-57歳=163 ※最大心拍数を超えていた(^0^;)

 

さて、昨日記事にした待ちに待ったMONOが思っていたよりも早く届いた。

 

待ちわびていたのは、

明太子でも豚骨ラーメンでもなく(笑)

こちら!

 

f:id:MacRun:20170426062757j:plain

adizero japan boostミステリーブルー)

 

最近は品薄でスポーツ店の店頭ではお目にかかれないが、かすマラの前日に柏のB&Dで色違いのものを発見!試し履きをしてサイズだけを確認して、今回ネットで購入ということになった。

 

以前愛用していたBoston Boostからのステップアップ!

一番のお気に入りは、踵の部分のデザイン!!

 

ちなみに、もったいないので練習では履きません(笑)

このJapanBoostのデビューは来月の「月例湘南」の予定だが、その前に我慢出来ずに、きっと履いて試走するだろうなぁ〜。

待ち遠しい…。

先週末にポチッとしたのに、まだ届かない😢

宅配業者の追跡サービスでどこまで来ているか、調べてみた。

 

f:id:MacRun:20170425064839p:plain

九州から関東の中継センターまで輸送中らしい。

今週末には届くよなぁ〜

 

皆さんのブログを徘徊していると、購入したメーカーの商品が否が応でも表示され、ますますMONOが届くのが待ち遠しくなってしまう。

 

f:id:MacRun:20170425065418p:plain

 

本日の早朝メニューは、最後の3㎞だけ負荷をかけて10㎞。

 

f:id:MacRun:20170425065537p:plain

昨晩、寝る前に、

腹筋50回、プランク3分、サイドプランク1分、スクワット30回だけ、空気イス1分。

昨日のランスマのテーマ

昨日のランスマのテーマは「この練習法 大丈夫ですか?」

金哲彦さんが、今の練習で大丈夫か悩んでいるランナーの質問ににこたえてくれた。

その質問のほとんどが自分の悩みと共通していたからビックリ!

 

①「2年前にサブ4を達成後、その後達成できない」

 自分:今シーズンはフル4回走ったが、4時間を切れたのは1回だけ😢

 

②「膝が痛くなる」

 自分:大会が近づくと必ず痛くなる

 

③「トレーニングしても30㎞以降で脚が攣ってしまう」

 自分:今シーズンは「ちばアクアラインマラソン」「板橋Cityマラソン」で攣った。

 

④「ハーフのタイムが縮まらない」

 自分:ハーフの実績は、

    2014年11月「川崎国際多摩川マラソン」タイム(1:57:43)

    2015年5月「山中湖ロードレース大会」タイム(2:01:06)

    2016年6月「びえいヘルシーマラソン」タイム(2:05:16)

    走るたびにワースト記録を更新😢

 

☆金さんからのアドヴァイス☆

①週に一度は、ペース走20㎞(5分40秒)

 スピードアップ練習は「坂ダッシュ」

 

②「起承転結」(体と対話しながら走る)

 起・・・温まるまでゆっくり走る。

 承・・・普段のペースに上げる
 転・・・疲労を感じてきたら、力まずリラックス
 結・・・最後の1キロは歩幅を小さくしてペースを落とす

 

③脚だけで走らない。前傾姿勢。脚はまっすぐ地面に下ろすこと

 

④ビルドアップ走(負荷のかかる時間を長く。最後の1㎞だけでは距離が足りない)

 

たまたま昨日の記事で、今後の練習法をアップしたが、金さんのアドヴァイス通りの練習内容になっていたのひと安心。あとはフォームを研究することかも。

 

さて、本日も早朝から相方と「Fペース走」

昨日よりもペースを上げて一緒に走った。

 

f:id:MacRun:20170423084559p:plain

今朝はお互いに過去に参加したレースのランシャツを着て走った。

自分は2回目のフル「湘南国際マラソン」のランシャツ。Finishタイムが印字されている。このときは4時間切りを狙わず、6分ペースで走ることを目標に走った大会だった。

 

f:id:MacRun:20170423084659j:plain

相方は、やはり一緒に走った2015年「山中湖ロードレース大会」のもの。このときも暑かった。

f:id:MacRun:20170423084709j:plain

 

走り終えてから、家族でお気に入りのマグカップでノンビリ朝食。

f:id:MacRun:20170423085536j:plain

 

そしてBGMはこちら。

透明色のクルージング  by Keishi Tanaka & fox capture plan

真っ赤なカーチェイス by BRADIO

 


ジャパニーズAORは健在だ!

 

あっ!それから昨日、アレをポチッとしました。

アレ!アレでふ(笑)

再始動!Fペース走

ようやく始動!

今朝は、久しぶりに相方と14㎞を走ってきた。

Fペース走の「F」は相方の名前。

相方のペースで走るから『Fペース走』というタイトルにしてみた。

 

f:id:MacRun:20170422073013p:plain

かすマラ以後、5日間まったく走らず徐々に体重が戻った。元の体重に戻るにつれて耳鳴りも治まってきた。

これまでも夏場にJOGすると大量の汗をかき、一時的に体重が落ちると耳鳴りがしていたので、今回もそんなことが原因だったのかもしれない。

 

当分走りたくない…。

と思っていたが、やはりこの時期、朝走るととても気持がいい。

 

これまでは、週3〜4のペースで走ってきたが、最低でも週4〜5ペースで走りたいと思っている。

 

月曜 OFF

火〜金曜 10㎞JOG(ビルドアップ走含む)

土曜日 LSD(最低でも90分)

日曜日 距離走(レースペースで20㎞)

 

10月の横浜マラソン(注)に向けて、いまから再始動!

※注:来月抽選結果が発表になります。

 

f:id:MacRun:20170422074536j:plain

早朝の茅ヶ崎行きの電車は部活の高校生ででいっぱい(゜o゜;

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2017 その2

30キロまでは難なく走れる自信があった。しかも今回は板橋よりもペースを落としている。後半コースがフラットになったところからペースをあげよう!そんな意気込みで走り始めたが、膝の痛み、足指の皮が剝け、さらに耳鳴りにも悩まされ、序盤で早くも失速。25キロからは走ったり歩いたりの繰り返し。周りのランナーも同様に苦しそう。コースを外れ、自動販売機で飲料水を買って飲んでいるランナーの姿をあちらこちらで見かける。フルマラソンの大会に何度か参加しているが初めて見る光景だった。

 

〜25㎞ 39分54秒
〜30㎞ 40分05秒

 

30キロ地点を過ぎて、4時間半のペーサーに抜かれる。この時ばかりはペーサーにゴールまで引っ張ってもらおうと必死なって食らいつくが、エイドに立ち寄って水を頭からかけてる間に、ペーサーの頭に付いている目印の風船がドンドン小さくなっていった。

 

この頃には耳鳴りがひどくなり、さらにエイドのスポーツドリンクも受けつけなくなっていた。お腹がおかしい。唯一、オレンジだけはレモンを搾るようにして果汁を飲むことができた。

 

もしかして熱中症

 

その時頭に浮かんだのが、家族と翌日の仕事のこと。ここで倒れたら、家族や職場からも「マラソン禁止令」が発令される。

 

棄権しようか。

 

でも棄権したランナーを収容する「収容車」は24㎞地点で見かけたが、この先ではどこで収容してくれるのだろう。そんなことを考えながらトボトボ、いやヨボヨボと走っていた。

 

あとで知ったが、FBでつがっている友人は、この24㎞地点で棄権。待機していた収容車4台はあっという間に満員になったらしい。

 

〜35㎞ 41分12秒
〜40㎞ 41分12秒

 

そしてこれもあとで知ったことだが、5時間以降にゴールしたランナーは給水が足りず、地獄のようだったとのこと。ネット上ではマナーの悪いランナーのことがアップされていた。

 

給水所で他のランナーを押しのけて平然と割り込む。飲んだ後の紙コップをゴミ箱に捨てず、道路にポイ捨て。さらに驚いたことに紙コップの準備に手間取っていたエイドで複数のランナーが2リットルのアミノバリューを占領してラッパ飲みしていたという。ペットボトルのアミノバリュー1本で、どれだけのランナーが給水できたのだろう。エントリー料を払っているから、何でもあり!俺らはお客様だ!っていうのはここでは通用しない。ボランティアの皆さんのおかけで、走らせていただいているという気持ちを持って参加するべきだと思う。

 

灼熱のかすみがうら、景色を楽しむこともなく、ただただヨボヨボと走り続けていた。(自分では走っていたつもり)

 

途中、収容車が待っいたら間違いなく途中棄権したと思う。幸か不幸かそのきっかけがないままにゴールまであと2キロの地点まできていた。

 

最後の2キロ、沿道から応援する人も多くなり、最後の力を振り絞ってゴールを目指す。キロ6分を切るペースで走っているつもりだったが、あとで記録票をみるとやはり8分ペース。ようやくゴールが見えた時には、陸地を求めて大海原を漂っていた漂流者が無人島を見つけたような気持ちだった。

 

やっと終わる。

 

そして、両手を高々と上げてゴール。
(いつもは五十肩で左腕が上がらないのに、この時ばかりは痛みを感じなかった)

 

やっと終わった。

 

ゴール後、偶然にfuruhon-yaさんに会うことができた。結果を聞いてみるとfuruhon-yaさんも4時間をこえる結果だったという。

furuhon-yaさん、お疲れ様でした!

 

荷物を受け取って更衣室ではなく芝生のある競技場?へ。走り終えて寝転がっているランナー、仲間と検討をたたえ合っているランナーの脇でひとりポツンと着替え。

 

まわりのランナーの話しを聞いていると、やはりPBより30分から1時間ほど遅れてゴールしているようす。

 

灼熱地獄のかすみがうらマラソン

 

真夏の北海道マラソンはどうなるんだろう…。

 

16時10分土浦始発上野行きの常磐線に乗り込み帰路につく。松戸で千代田線に乗り換え、代々木上原へ。そして小田急線に乗り換えたが、さすがに座ることができず、つり革につかまっていた。走り終えてからずっと身体が火照っていることに気づいていたが、おそらく軽い熱中症だったのかもしれない。気分は相当悪かった。

 

土浦から約2時間半かかってようやく自宅のある最寄り駅に到着。駅から自宅までは徒歩5分。ヨボヨボと歩いていたら、娘が迎えに来てくれていた。途中でカエルコールしたときの声がガラガラ声で相当疲れていると思ったらしい。

 

そして無事帰宅。

 

浴槽に入れないほど手足が日焼けしていた。さらに左足の親指に巻いたカットバンは血で真っ赤に。大好きなホッピーもビールも受け付けず、そのまま布団に倒れこんでしまった。

前日に測った体重からなんと4.5キロも減っていた。

 

記録
TIME:4時間56分59秒(グロスタイム

順位: 5932位/13962人中

最高気温 26.4℃

 

そして翌日の月曜日、「仙台国際ハーフマラソン」のゼッケンが届いていた。

 

f:id:MacRun:20170420063455j:plain

長野マラソンを走り終えたバンビ (id:rain-cascade)同様、

当分走りたくないです(´・ω・`)

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2017 その1

体調も回復してきたので、「かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2017」を振り返ってみました。

 

最高気温27℃まで上がった今回のレースは、板橋Cityマラソン以上に辛い大会になってしまった。前日、柏駅前のホテルに宿泊。大会当日、6時半頃の電車で土浦に向かった。ランナーで既に混み合っている車内で幸運にも座ることができて、「今日はラッキー!」と幸先のいいスタートだった。

 

7時半前には会場に到着、まだ混み合っていない更衣室でノンビリと着替え。着替え終わって,すぐ荷物を預けた。その後はストレッチしたり、軽くJOGをするなど本番に向けて身体を慣らしていた。

f:id:MacRun:20170419062841j:plain

朝9時前にもかかわらず日差しが強くなってきて、「今日は予想以上に厳しいレースになりそうだ」と実感する。

9時半

はてブロランナーの皆さんと集合して、恒例のシューズ円陣!

そして、記念撮影 

(左から自分、ICHIZOさん、しろくまさん、furuhon-yaさん、ごいさん)

ご希望の方は、写真をメールでお送りしますので、こちらのアドレスにどうぞ。ご本人であることを確認するためにゼッケン番号もあわせてお知らせください。macrun1023@yahoo.co.jp

f:id:MacRun:20170419063820j:plain

ようやくごいさんにお会い出来た\(^O^)/

このブログを始めたのが21014年1月。JOGの記録だけを残そうと始めたブログだったが、2014年9月26日にごいさんから初めてコメントをいただいた。その時はまだハーフの大会にも出たことがなく、夫婦でJOGを楽しんでいたころだった。大会に出てみようと思ったのもごいさんのおかげ。3度目のフルマラソンでサブ4を達成できたのもごいさんのおかげ。ここまで走り続けてこられたのも、すべてごいさんがいてくれたからだった。

 

ごいさん、

ホントうれしかったです。これからもずっと自分の師匠でいてください。

 

furuhon-yaさん、

今度は飲みながらプログレの話しでもしましょう。

 

しろくまさん、

理想的なランナー体型にウットリしました。またどこかでご一緒しましょう。

 

ICHIZOさん、

来月の仙台、8月の道マラもご一緒出来ますね。よろしくです。

 

「暑くなりそうだけど頑張りましょう!」とそれぞれエールを交換し、スタート地点へ散っていった。

 

スタート地点は、Cブロック。実はスタート20分前まで自分のスタート地点をDブロックだと勘違いしていた。Dブロックでスタート時間を待っている間に「自分のスタート地点を間違えないよう!」とアナウンスがあり、ゼッケンを確認したら、なんと自分はCブロック!あわてて、スタート地点に近いCブロックまで移動。1万5千人以上が参加する大会なので前列のブロックまで移動するのがこれまた大変だった。

 

スタート合図から約5分後、ようやくスタート地点を通過!

 

前半はアップダウンがあるコースのため、スピードを抑えて5分半〜5分40秒の設定で20㎞まで淡々と走る予定だったが、細かなアップダウンが多く、さらに日差しも強くなってきて、いつも以上に足が前に出ない。

 

予定ペース通りに走ってはいるが、この時点で既に疲労感を感じる。熱中症対策のために5㎞ごとにこまめに給水をしているのが原因なのか?さらに前回傷めた右膝に違和感を感じるように。15㎞過ぎてからさらに膝に痛みまで感じるようになり、17㎞地点でまさかのストップ。膝の具合を確認して再度走り始めるが、20㎞地点で今度は右足親指にできた水ぶくれが破れ、皮が大きくめくれてしまう。何とかカットバンで応急処置。再度走り始めるが、既に5分半のペースでは走ることができなくなり、6分ペースまで落ちてしまう。さらに終始耳鳴りが治まらず、ずーっとキーンという音が鳴り響いていた。

 

右膝、左親指、耳鳴り…。

この暑さでは、残りの距離は走りきれないかも…。

途中棄権DNF(Did Not Finish)の文字が頭をよぎった。

 

(次回に続く)