Days of Mac and Run

脊柱管狭窄症と診断され、2022年6月に腰椎後方固定術で腰部にチタンスクリューを埋め込んだ元サブ3.5ランナーがフルマラソンの完走を目指すブログ

術後の報告

先週の金曜日に無事に手術を終え、今日で入院生活6日目になった。術後、初めての週末は、辛くて辛くて弱音を吐いてしまいそうなほどだった。自力で二足歩行ができず、「小」は管をつけられて垂れ流し、「大」は自分でズボンを下ろすこともできず、介助が必要。夜は不安で全く眠れず、食事は2日間全く食べられなかった。それでも身体につけられた管が一本ずつ外れていくことで、少しづつではあるか回復に向かっていることを実感している。そして今日、最後の管(ドレーン)が抜ける予定。ようやくシャワーが浴びれる(嬉しい)

これまでひとりでは何もできない自分を支えてくれたのは、院内で献身的に働く看護師やヘルパーの皆さん。わがままなことばかり言う患者に嫌な顔もせず接する姿にはリスペクトでふ。

昨日から本格的なリハビリが始まっている。目標は「自力で立つ、座る、歩く、階段を上る、降る。」らしいが、最終目標は「10mを10秒で歩く」こと。なんでも横断歩道を安全に渡りきれる速さらしい。1kmペースに換算すると16分40秒/km。今後走れるようになってもタイム意識したランニングはやめようと決めていたのに、こんな身体になってもタイムを求められてしまうなんて😅

そんな、こんな入院生活はまだ続く。

んでば、まだ👋