Days of Mac and Run

脊柱管狭窄症と診断され、2022年6月に腰椎後方固定術で腰部にチタンスクリューを埋め込んだ元サブ3.5ランナーがフルマラソンの完走を目指すブログ

ジョグダイアリー

8月だというのに梅雨のような毎日。

 

f:id:MacRun:20210814133725p:plain 8/16(月)

いつやむかなぁと、雨雲アプリをチェックしながら、

VIDEOばかり観ているのもなんなので、

とりあえず運動公園へ車で向かったよ。

 

いつもの周回コースをグルグル回っていれば、

雨が激しくなってもすぐに車に避難できる。

幸いにも駐車場は圏央道さがみ縦貫道の真下なので雨に当たらないし、

そこで着替えもできる。

 

目標は周回コースをグルグルと10km。

5周目を過ぎたところで、

明らかに自分よりもだいぶ先輩のランナーが前を走っている。

白髪で、フォームがぎこちない。

ゆるジョグでも、すぐに追いつくだろうと走っていたら、

いつまで経ってもその差が縮まらない。

Garminを見ると5分15〜20秒ぐらい。

 

ここで張り合っても大人気ないと思いながら、

徐々にペースを上げていった。

気配を感じた先輩ランナーのペースも上がる。

気配を消しながら、負けじとペースを上げる大人気ないまっく。

 

結局、追いつくことなく10kmを走り、

周回コースからコースアウトしていつもの河川敷へ。

Garminを見ると5分切っていた😅

 

先輩ランナーにいい刺激をいただいたので、

そのまま河川敷を南下し、寒川方面へ。

 

倉見駅まで走り、折り返して北上。

戸沢橋を西へ走って厚木市へ。 

 

厚木側に渡ったところで、河川敷を北上。

相模大堰で海老名市側に渡り、運動公園に戻った。

駐車場に戻ったところで、Garminをみたら、

距離は25kmだった。

 

帰宅後にシャワーを浴びて、

レトルトのカレーを食べ終わったと思ったら、

相方から連絡があり、

「仕事が終わったので、迎えにきて!」

ヤレヤレʅ(◞‿◟)ʃ

 

車に乗り込み、エンジンをかける。

さて、相方とのドライブ、BGMは何にしよう。

 

やっぱこれだろう!

guitamac.blog.jp

シングルノートのギターのフレーズとカッティングが心地よいアルバム。

 

予定より5分遅れで、相方の職場に到着。

見慣れた我が家の車を発見した相方が、

手を降って、「ここ!!」って合図。

 

娘と3人でドライブしていた頃は、

狭く感じていた車内は、今は十分すぎるぐらい。

 

相方、

「この人、♪夏の数だけ恋があるなんて許せない♪ なんて言える立場なの?」

「…。」

「この人、曲はいいけどキライ」

「…💦」

 

 

f:id:MacRun:20210814133725p:plain 8/17(火)

前日の疲れがあったけど、

10kmぐらいならと、6時半ごろジョグをスタートした。

いつもの河川敷、

平日、この時間を走ることは滅多にない。

 

河川敷を南下していると、

見覚えのある走り方の女性が北上していた。

近づくと練習会に参加しているメンバーだった。

手を振りながら、「おはよう!」とご挨拶。

トライアスロンがメインのランナーで、

ご主人もランナー。

走力は自分よりも上の医療従事者。

仕事忙しいと漏らしていたが、こんな時間に頑張っているんだ…。

 

河川敷の折り返し手前で、お腹が痛くなってきた。

万一のことがあると大変なので、折り返してから

コンビニのある幹線道路を走ることに。

 

運動公園に戻ったところで、

見覚えのあるシルエットのランナーが歩いていた。

 

近づくと、先日一緒に富士山を登ったYさん。

すでに10km以上、走ったようで

すごい汗をかいていた。

 

来週、また一緒に山に行く予定なので、

その準備のことなど話をしたが、

今度は本格的な登山になりそう!

ヘルメットは、必須らしい。

 

「じゃぁ、また練習会で!」

 

 

そんな2日間だった。

 

んでば、まだ👋