Days of Mac and Run

〜That's Life〜 自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ 〜Everybody Needs Somebody To Love〜

Destinyなジョグで気分もリフレッシュ

今日は練習会もなし。

相方も仕事でいない。

ひとりぼっち家に残されて、

することといえば!

いえば!!

いえば!!!

 

ハイ、気ままにジョグ!

ギオンのクロカンに行こうか?

大山へ行こうか?

とん、ton、鳶尾山(とびおさん)に行こうか?

いろいろ悩んだあげく、久しぶりに湘南に行くことにした!

 

とりあえず、相方が作ったパンを食べて、

f:id:MacRun:20210223161649j:plain

カブリオレ(気分だけ💦)茅ヶ崎へGO!

いつものR134沿いの駐車場にとめて、車内が荒らされないように撥水コーティング施工した幌を被せて(←くどい)、いざ江ノ島へ⛵

 

いやぁ、富士山はキレイだし、

相模湾はキラキラして、もう春を飛び越えて夏間近って感じだったよ。

Stop the Season in the Sun!

f:id:MacRun:20210223162632j:plain

GODDESS(ゴッテス)、CHIANTIキャンティ)、とびっちょ、

f:id:MacRun:20210223162854j:plain

写真撮りながら、マイペースでひとりノンビリと気ままなジョグ。

なんて贅沢な時間なんだろう。

 

三浦半島の先端まで見えたよ!

f:id:MacRun:20210223163448j:plain

でも江ノ島水族館は入場待ちの列でみつ、ミツ💦

 

ここからの富士山もとてもキレイだ!

f:id:MacRun:20210223163707j:plain

板抱えた同年代が多いこと、多いこと。

我ら第1次サーフィンブームの年代だからね。

f:id:MacRun:20210223170348p:plain
ちなみに第1次サーフィンブームは、1970年代、そう「丘サーファー」が六本木にあふれていた頃。そして80年代は第2次サーフィンブーム。雑誌「Fine」の時代ね。

 90年代の第3次サーフィンブームは、今も大人気のスノーボードやスケーター、スノーボーダーがリンクした時代だった。

いまは若者の車離れなどもあり、サーフィンは敬遠されてサーファーの高齢化時代に突入している感じかな。

f:id:MacRun:20210223164312j:plain

気ままなジョグコースは、茅ヶ崎江ノ島茅ヶ崎

サイクリングロードやR134の歩道走ったり…。サイクリングロードは相変わらず、砂がコースへ侵食し、慢性的に走りづらい状況が続いていた。

あまりの砂に走るのをやめ、立ち尽くすまっく(笑)

f:id:MacRun:20210223171339j:plain

そしてスタート地点付近から柳島方面まで走って折り返してこようと思っていたら、砂浜に腰下ろしてスマホを眺めている永遠の湘南ボーイが!!

あれ?

あれ、アレ??

もしかして、あの風貌はのちぼうさん

すかさず、Stravaをチェック!

f:id:MacRun:20210223172040j:plain

と、送ってみた!

そしたらね、永遠の湘南ボーイが腰を上げて、回りをキョロキョロしだしたので確信したわけ、「のちぼうさん」だって!! 

 

その後、一緒にジョグして柳島手前で折り返して、例のスポットでパシャ📷

f:id:MacRun:20210223172745j:plain

ジョグしながら、「斉藤由貴」の話もできて楽しかったです!

ありがとうございました!

 

そんなこんなで、心身共にリフレッシュできて、Destinyなジョグだった。

 

どうしてなの 今日にかぎって

すりきれたフライニットはいていた

今日わかった また会う日までと

むすばれた たのしい Destiny

f:id:MacRun:20210223173142p:plain

今月、200km走れるかなぁ〜💦

 

んでば、まだ👋