Days of Mac and Run

〜That's Life〜 自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ 〜Everybody Needs Somebody To Love〜

PETZL(ペツル) E091DA ティキナ

昨日は仕事納め。

定時に職場に置きっぱなしにしているギターを抱えて脱出。

ちなみにギターはマイデスクの後ろに立てかけている。

「どんな職場なんだよ!」というツッコミはなしで。

長く愛用しているこのスタインバーガー・ギターは満員電車でも安心して運べる。

なんせコンパクトだからね。

 

そしていま、AppleMusicのプレイリスト「2020年トゥディズヒッツ」を聴きながらブログを更新している。

1曲目のザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」は今年一番流行ったよぁ。この曲が収録されている「AfterHour」も大ヒットしたしね。

 

でも自分らの時代、「AfterHour」といえば、ゲイリー・ムーアだから💦

 

さて、本日はランニンググッズの話題でも。とはいっても、シューズとかではなく、ヘッドライトのこと。

 

夜、走れない自分は早朝ジョガー。

寒いけど、暗いけど、空気がいいし、誰もいないから自分にとっては最高の時間。その早朝ジョグの必需品がヘッドライト。これまで使っていたヘッドライトは、ゴムが伸びてしまったことに加え、バッテリーが消耗して1時間足らずで暗くなってしまうため、買い替えることに。

購入したのはこちら。

f:id:MacRun:20201229065913j:plain

ヘッドライトといえば、日本製のGENTOSを使用している方も多いと思うが、今回はフランスのメーカーPETZL(ペツル)を購入。

Petzlは、フランスのクロルに拠点を置く、登山用具、ケイビング用具、高所作業器具、ヘッドランプのフランスのメーカー。同社は、1970年代半ばに洞窟探検家フェルナンドペツルによって作成された。 登山、登山、洞窟探検などの垂直スポーツが専門。

この垂直スポーツという言葉に惹かれたためだ。そんな言い方あるんだぁ~。

 

スペックは、

  • 重 量:81g
  • 最大照射力:250ルーメン、60m
  • 最大照射時間:120時間(弱モード/6ルーメン)
  • ビームパターン:ワイド ・保護性能:IPX4(全天候型)
  • 電 源:単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売) ・対応電池:アルカリ、リチウム、ニッケル水素

重要視したのは、①明るさ ②重量 ③バッテリーの持ち 

 

①明るさ:あまり明る過ぎないこと。ご近所さん、ジョグコース周辺にお住まいの方々に迷惑をかけないこと。

②重量:軽いのにこしたことはない。

③バッテリーの持ち:ウルトラマラソン、スタート時の1時間、ゴール間際の2時間ぐらい。遭難した時に1日持つぐらい。という曖昧な基準。

ちなみに購入価格は、¥ 2,764 なり!

 

ということで、安全に早朝ジョグを楽しみます!

んでば、まだ(^o^)/~~~