Days of Mac and Run

〜That's Life〜 自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ 〜Everybody Needs Somebody To Love〜

イヤフォンの話

以前まで両耳をふさいで音楽を聴きながらジョグをしていたが、いまはいろんな意味で危ないので片耳だけイヤンフォンをして走っていることが多い。いまジョグ際に愛用しているイヤフォンはこちら。HAVIT Bluetooth イヤフォン。

f:id:MacRun:20190408210410j:plain 高価なモノではない。大切なのはMONO再生で聴けるか否かということ。このイヤフォンは片耳再生が出来る。走りながら両耳をふさぐのは絶対に危ない。

 

MONO再生が何故大切なのか?

音を録ったあと最終的にバランスよくミックスし、トラックダウンするのだが、その際にそれぞれの音を左右に定位する。定位感 - Wikipedia

バスドラ、ベース、ヴォーカルはセンター、ギターは左手前、ストリングスは右奥というように音の広がりを工夫している。こんな感じ。

f:id:MacRun:20190408212432j:plain

これがMONO再生出来ないイヤフォンで左だけ装着すると、赤線で囲った音しか聞こえてこないことになる。

f:id:MacRun:20190408212758j:plain

ラカン世代の聴く音楽は60〜70年代に録音されていた名盤を聴くことも多く、その当時は4トラックレコーダーが主流でトラックが少ないために例えば左にギター、右にキーボードという具合に音が定位されていた。なのでステレオ録音の音源を片耳だけ装着して聴くと100%音が再生されていないことになるわけだ。

説明が長くなってしまったが、そういう意味でジョグの際はMONO再生できるこのイヤフォンを愛用している。

ちなみに普段、通勤の際に使用しているイヤフォンはこちら。

f:id:MacRun:20190408213729j:plain

今までたくさんのBluetoothのイヤフォンを試してきたが、これが一番!但しリーズナブルなイヤフォンの寿命は短い。でもこの価格で1年間使用できれば上出来。高価なイヤフォンでもいずれ壊れる。

参考までに自宅で使用しているBluetoothのイヤフォンはこちら。

f:id:MacRun:20190408214635j:plain

SHUREのイヤフォン。元々はワイヤードのイヤフォンだったが、既存のSHUREのイヤフォンをワイヤレスに変更可能できる着脱式Bluetoothアクセサリーケーブルがあるので、使い分けている。

f:id:MacRun:20190408215037j:plain 

ギターを宅録をしている時などはワイヤードだとコードが邪魔で仕方がない。こんな風に邪魔になってしまう。

f:id:MacRun:20190408215758p:plain

音もよし、アクティブなレコーディングもバッチリなSHUREのイヤフォン。でも遮音性が高いため、ジョグは当然のこと、通勤の際にも使用は出来ない。

イヤフォンもTPOに応じて使用するのが一番!

 

んでば、まだ👋