Days of Mac and Jog

脊柱管狭窄症と診断され、2022年6月に腰椎後方固定術で腰部にチタンスクリューを埋め込んだ元サブ3.5ランナーのジョグブログ

大山登山マラソン その2

Start直前に運営staffから、

「国道246号線は、Startしてから5分後に道路規制を解除するので、そこまで頑張って走ってください!」とAnnounce


『え゛ーっ!』


R246までは、距離にして約1㎞
どこまでドMな大会なんだ❗️

 

そして、号砲!

 

比較的前の方に並んでいたが、あらよあらよという間にドンドン抜かされる。まぁ、あとになれば坂道に苦しむだろうから、ここは慌てずにMyPaceで行こう。

そして無事にR246を通過。

 

1㎞Lap 4′43″


沿道からの応援も多いが、徐々に傾斜がきつくなる。

 

2㎞Lap 4′54″


それにしても沿道からの応援があたたかすぎる。さらに傾斜がキツくなる。

 

3㎞Lap 5′15″

 

徐々にPace Down

 

3〜4㎞間の勾配は、足柄峠Levelらしい。

 

4㎞Lap 5′20″

 

さらにさらにPace Down

辛さは同じはずなのに、ドンドン抜かされていく。そして大量の汗。長袖のUnderWearを着たこと後悔する。

 

5㎞Lap 5′52″


もうこの辺になると明らかにPace DownしているためGARMINは無視。

 

6㎞Lap 6′00″


Road最後の1㎞区間であまりの急勾配に歩きたくなる。

 

7㎞Lap 7′45″


気持ちでは走っているつもりだが、ほとんど歩いているのと変わらないSpeed。そしてなんとかコマ参道の入り口に到着。

 

3〜4㎞足柄峠Levelで、小Boss
4〜5㎞はさらにキツくなり、中Boss
路線Busの終着地点までのRoad最後2㎞で大Bossの登場って感じ(笑)

 

ここからは階段区間。参道を通り過ぎるといよいよ登山道。延々と続く石段。もちろんGoalは見えない。

f:id:MacRun:20180313064917j:plain

石段区間では、走ることなど全くできず、歩くことさえもシンドい。

誰もがシンドそう。でもゼイゼイいいながら、懸命に登っている。

f:id:MacRun:20180313064937j:plain

運営Staffが『あともう少し!頑張って!』と声援を送ってくれる。

 

立ち止まって、脚を休めたい。
そう思っても、腰を下ろして休むSpaceさえない。

 

さらに勾配はキツくなり、階段というよりハシゴを登っているような感じ。

f:id:MacRun:20180313064958j:plain

太ももが全く上がらず、石段につまずくこと度々。つまずいて、転びそうになり、一瞬ヒヤッとした。


滑落!


Courseの要所要所に運営Staffが待機しているのは滑落事故が起きた場合の緊急対応要員なのか。


Goalまであと少し!頑張って!』

 

勾配が最高潮に達する区間になると片側に手すりが設置されている。(Goal付近では両側に設置されている。)

 

助かった!
これにつかまって登れば滑落することはないだろう。とひと安心。

 

上を見上げるとようやくGoalが見えてきた。

f:id:MacRun:20180313065131j:plain

そして、なんとかGoal

 

太ももパンパン

f:id:MacRun:20180313065208j:plain

 Goal後に温かなおしるこをいただきながら、富士登山競走に参加したGroupの話を何気に聞いていたが、今年も1時間を切れなかったと嘆いていた。

f:id:MacRun:20180313065228j:plain

この大会を甘く考えていた自分が恥ずかしい。

 

おしるこ食べ終えて、すぐにCableCar乗り場へ向かった。時間が経つほど混雑するので。

CableCarを待っている間に着替えようかと思っていたが、周りのRunnerは誰一人着替えていなかったため、汗まみれのままCableCarに乗り込む。

f:id:MacRun:20180313065425p:plain

こんな急勾配を駆け上がってきたんだとあらためて思った。

 

CableCarを降りると30分遅れて次々とStartしたRunnerGoalを目指して駆け上がっていた。コマ参道ではやはりほとんどか歩いている。

f:id:MacRun:20180313070044j:plain

「頑張ってください!」と声を掛けながらBus乗り場へ向かう。

f:id:MacRun:20180313065552j:plain

 

ゲッ!!

伊勢原駅行きのBus乗り場はRunnerで大行列!!

 

Busに乗ることを諦めて、大会記録の受取場所まで走って帰るか?!

同じことを考えていたRunner数名と

 

Bus組よりも早くGoalするぞぉ❗️』

 

そんな勢いでGoal伊勢原小学校を目指して走り始め、

大山登山マラソン復路区間Startした!!

 

次回に続く