Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

東京マラソン 応援レポその2

29㎞地点を通過するSub3Runner

f:id:MacRun:20180227051416j:plain

第2応援Pointで皆さん(ひろちゃんさん、すみません)を応援したあと、次の第3応援Pointにびあーさんと二人で向かった。場所は東京駅の反対側、Goal手前の41km付近。Goalまじかの応援Areaも大勢の人たちで埋め尽くされていたが、運よく2名分のSpaceを確保。すでにPBを更新したみどるさんと見事Sub3を達成したびあーさんの弟さんはGoalしたあと。

 

すると間もなくfuruhon-yaさんが帰ってきた!第1、第2Pointで見かけたときと変わらない表情でGoalに向かっていた。「furuhon-yaさ~ん!」と声援を送るが、幟を立てていなかったこともあり、気が付いてもらえず残念。当然ではあるが、ここでも真剣に走っていた(笑)

 

次にbirdさんが戻ってきて、3度目のHigh-Touch!怪我を恐れずに本気を出して走ったらSub3.5はもちろんのこと、Sub3までも狙えるのではと思えるほどまだまだ余裕がありありな様子。かすみがうらではきっと自分よりも先にGoalするだろう。

ちなみにfuruhon-yaさんも昨年のRevengeでレンコン畑を眺めながらかすみがうらを走る。

その後、職場に戻るびあーさんとはここでお別れ。

「お疲れ様でした!1日ありがとうございました。」


自分はfuruhon-yaさんとbirdさん、ひろちゃんさんと走り終えたあとにお疲れ様会を予定していることもあり、すでに走り終えているお二人と合流するため、待ち合わせ場所に向かった。

その途中でICHIZOさん、バンビさんの応援ができるだろうと応援NAVIで位置を確認しながら急いで日比谷公園に急いだ。待ち合わせ場所にはやはり地下鉄の通路を潜ってCourseの反対側にでなければならず、迷いながら地上に出たところで応援NAVISiteReload

「え!!もう行っちゃった??」

ICHIZOさんは見つけることができなかったが、東京駅方面に走り去るRunnerのなかにバンビさんらしき人を発見。でもここまでくればGoalはもうすぐ。「あともう少し!頑張れ!」と心の中で声援を送る。ただ痛めているだろう身体が心配だった。


日比谷公園Runner専用出口で、furuhon-yaさんと合流。荷物預け場所が大手町方面だったbirdさんとは合流出来なかったが新橋駅前で無事合流。駅前の居酒屋でとりあえず3人で打ち上げ。

乾杯!お疲れ様でした!

f:id:MacRun:20180227045755j:plain

でも自分だけ疲れていない(笑)

Genreは多少違うもののお二方とも音楽が大好き!

ProgreSouthern Rockの話題でお酒もすすむ🍻

f:id:MacRun:20180227045858j:plain

その後、ひろちゃんさんも合流、二度目の乾杯!

f:id:MacRun:20180227045830j:plain

ラソンが縁で繋がった4人。こんな出会いもいいものだ。共通するマラソン談義で、またしてもお酒がすすむ(笑)

f:id:MacRun:20180227045922j:plain

この日に名古屋お帰りになるひろちゃんさんに、「ご自宅までどれぐらいかかりますか? 」の質問に、「1時間半ぐらいかな」

ゲッ!海老名に帰る自分より近い(汗)

 

とうことで、楽しい時間はあっという間!

最後に居酒屋の前で記念撮影

f:id:MacRun:20180227050159j:plain

若いお二人はPeace Sign。アラカンおやじは、『指圧の心は母心』Pose😆

 

そして、新橋駅前で再会を誓い、それぞれ家族の待つ自宅に帰ったとさw

 

抽選に外れてばかりで、この先も走れる気がしない東京マラソン。でもこんな楽しみ方もあると実感した1日だった。さらに来月のフルに向けてモチベーションも⤴️

 

今朝も早朝から元気にトボトボ走ってきた。距離は短いけど…😅

f:id:MacRun:20180227050333p:plain

 

最後に、

効率のよい応援Pointを設定してくれたびあーさん、ありがとうこざいました。ご両親にもよろしくお伝えください。

そして、最高の舞台、東京マラソンを走られた皆さん、お疲れ様でした。いい刺激になりました。

 

そして、そして青梅、東京マラソン2週続けて家を空けて酔っ払って帰った自分を「お帰り!」と迎えてくれた相方にも感謝、感謝!

 

翌朝、娘から

「亭主元気で留守がいい!ってやつじゃないの。」と言われたことはここだけの話ということで😅

 

暗くて、長いTunnelにも必ず出口はある

youtu.be

 

んでば、まだ👋