color="#000000"

Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

メンテナンス中

今日はこれからランクラの練習会に参加してくる。M代表は横浜マラソンの結果をもちろん知っていて、間違いなく次につながる走りだったとメールまでいただいた。ありがたいことである。ということで、まだ走っていないのでランの話題ではない。ご興味のない方はどうぞスルーしてください。

 

ギターを何本か所有しているが、やっぱり楽器って弾いてあげないとドンドン劣化していく。鳴らなくなるってヤツ。さらにエレクトリックギターは電気を通さないと回路までイカレてくる。数多く所有しているのもちょっと問題かも。結局かまってあげられないから…。やっぱり楽器も女性も一図にAIしてあげないとね。一夫多妻制なんて無理ムリ。もちろん昼顔なんてダメダメ💢

 

そんなこんなで大事にしているギター2本をメンテナンスに出した。結婚する前に購入したP-Projectの和田アキラモデルと人生最後のギターと釘をさされて購入したPRS。

f:id:MacRun:20181102151057j:plain

どちらも専用のハードケースで保存しているので劣化は最小限だが、和田アキラモデルはもうじき30年目を迎える。PRSだって10年目。出番といえばDTMでギターパートをレコーディングのときだけ。安価なギターはノイズがのるため使いものにならないので。しばらくお別れだが、元気になって戻ってくることを楽しみに待とう。

 

ギター工房にメンテナンスに出すのは、高価なギターのみ。その他は自分でメンテナンスをする。これ(画像下)はFenderストラトキャスター。ピックガートを本体に取り付けているネジとピックアップを高さを調整するネジまでもが汗でサビしてしまった。さらにボリュームとトーンのノブが汚れてしまったため交換することに。(ツマミは既に黒いノブに交換済)

f:id:MacRun:20181102152002j:plain

このストラトも既に22年が経っている。ピックガードの裏には工場出荷時のチェックシートが貼り付けてある。さらにインスペクターのサイン入り。Fender Japanのものはこうなっていないはず。

f:id:MacRun:20181102152332j:plain

このネジだが楽器店で購入するとバカ高いため、ネジなどの材料が数多く揃っているホームセンターで購入するれば安上がり。純正ではないが、それに近いモノは売っている。もちろん錆びたネジをピカールなどで根気よく拭くのも経済的にはいいのかもしれない。 

ピカールケアー 150G

ピカールケアー 150G

 

そしてピカピカになった通称アポギ君🎸 アコギでない。アップルとギターを組み合わせて命名(笑)

f:id:MacRun:20181102153254j:plain

こちらはホームセンターでネジを購入しただけなので、500円以下でメンテナンス終了。

P-ProとPRSはきっとそう言うわけにはいかないだろう。安価なギターを1本購入するぐらいは覚悟しておこう。

 

大切なものはお金がかかるもの。

 

といいながら、セミアコはメンテナンス費用が超バカ高いため、いままで一度もメンテナンスしていない。このセミアコとのつき合いはもう40年になる…😅

 

youtu.be

 

んでば、まだ👋