color="#000000"

Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

横浜マラソン2018 その3 撃沈〜ゴールまで &その他情報

『いわて盛岡シティマラソン』2019年10月27日に決定!

エントリーは来年3月から。スタートは岩大(がんだい)正門前らしい!

 

レースレポもその3までくると、徐々にアクセス数も少なくなってくる。いつも通りのことだが😅

ということで、フルマラソンを走った後、どれだけダメージが残っているのかを確認するために翌日走ったことをチラッと書いてみようと思う。道マラの翌日も走っているので、それとの比較でふ。

f:id:MacRun:20181031033051j:image

左:道マラ   右:横マラ

タイムはほぼ同じ。イーブンペースで走った道マラ、身の程知らずで走った横マラ。道マラの翌日は旅の疲れもあったのか、このペースで走るのが精一杯。脚が攣ってダメダメな走りだった横マラの翌日は普通に走れた。脚へのダメージはほぼない。42.195キロを走り続けた道マラ。脚が攣って歩いてしまった横マラ。その違いなのかもしれない。

 

それではレポの続きを。

 

ヘロヘロになりながらD突堤を通過。ごいさん、おいやんさんの応援がなかったらずっと歩いていたかも。あらためてごいさん、おいやんさんに感謝。

 

D突堤から山下公園までの5㎞は、ガマン我慢の走りが続く。左太もも前の筋肉がピクンピクンと脈打っている感じ。左ふくらはぎは筋肉がピーンと張っている感覚。これも辛い練習を避けてきたバツだろう。

〜40㎞ 32分19秒(GARMIN

f:id:MacRun:20181030065747p:plain

 

41㎞手前で赤レンガ倉庫エリアへ右折。石畳が攣りそうな脚にさらにダメージを与える。観光客も加わって沿道からの声援も多く、このエリアは颯爽と走り抜けたかった。

そんな気持からか、ちょっと、ほんの僅かペースを上げたトタンに今回最大級の脚の攣りに見舞われる。そしてピタッと止まってしまう。ストレッチも出来ないほどの痛みであの狭くて、声援を送る人達の間近な場所でひとり悶絶してしまった。カッチョ悪り〜😢

沿道からは「大丈夫ですか?」の嵐。何も応えられずただただ鬼の形相で悶絶するばかり。随分長い間、立ち止まっていたような気がするが、あとでGARMINのデータをみると30秒ぐらいだったようだ。そして再び走り出す。赤レンガ倉庫のエリアは、我々夫婦が初めて大会にエントリーした思い出一杯の場所。そんなエリアをボロボロの状態で走っているなんて…😢

macrun.hatenablog.com

そしてなんとか国際橋までたどり着く。あともう少し!沿道からの声援はこの日のMAX。あと700m?のところでまたしても脚が攣ってしまい跛を引くように止まってしまった。あと少しなのに…😭

その時の写真がこちら!

f:id:MacRun:20181030072233j:plain

提供:えいすぽーつ

なんとか走り出したあとに、「まっくさ〜ん!!」と声を掛けられたのか、声を掛けられて走り出したのか?ボーッとしていたのでまったく覚えていないが、沿道からえいさんが声援を送ってくれていた。頑張って!とハイタッチ!そこからゴールまでが果てしなく遠く感じた。

えいさん、あらためてありがとうございました。あの時会わなければ、ゴールまでずっと脚を引きずって歩いていたと思います。

 

f:id:MacRun:20181030072845p:plain

そしてなんとかゴール。

最低でもサブ4は死守しなければ!そんな思いで走ったゴールまでの7㎞だった。

 

FinishTIME 3時間54分34秒(ランナーズアップデート)

 

次回番外編に続く

 

#いわて盛岡シティマラソン