color="#000000"

Days of Mac and Run

自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

【レース編】北海道マラソン その2

ゴールまで一気にいきます。長文ですのでお忙しい方はスルーしてください。

 

当日は5時半起床。前日は早めに寝たのでいつもの倍以上寝たことになる。近所のコンビニに朝食を買いに行くがおにぎりが1個しかなかった。他の方もブログに書いているが、道マラ当日の朝には市内のコンビニではおにぎりが品切れになるらしい。来年以降参加される方はぜひメモを!そして早めに集合場所に行くために7時にホテルを出る。すでにウォーミングアップしているランナーが数名。歩いている時、去年はノースリだと肌寒く感じたが、今年はなんかちょうどいい感じ。暑くならなければいいななどと思いながら集合場所に到着。すでにyoshiさんびあーさんも到着済。さっそくパピヨンバナーを組み立てるが、なかなか上手くいかずびあーさんに助けてもらう。モノを組み立てたりすることは昔から好きで組み立てられないなんてことはこれまでほとんどなかった。「やっぱり歳だなぁ」って、感じた瞬間だった。そうこうしているうちに続々と集合し始め、シューズ円陣の写真を撮る頃にはこんなに集まった😲

 

f:id:MacRun:20180829024000j:image

はてブロの面々にブログ村からはぬまっちさんmotoさんイツカさんアメブロからスパイディーさんスーさん卯月さん、さらにrelaxenjoy①さん、relaxenjoy②さん、チャーリーさんのご主人と総勢19名!

※時間がないため全体をぼかしました。あとでくまさんに差し替えます

f:id:MacRun:20180829023855j:image

さらにガーミン円陣

f:id:MacRun:20180829031520j:image

こんな楽しいShotも👍

f:id:MacRun:20180829054041j:plain

スタート前の儀式も終わり、スタート地点が遠い順から、スタート地点へ移動。

たけのこさん太田さんと一緒に移動するが、Fブロックの自分が最後1人ぼっちに😢荷物を預け、トイレに行ったあと、すぐに整列。すでにかなりのランナーが座り込んでいたが、1人分の空きスペース見つけ座り込んだ。昨年同様に今回もスマホは持たずに走ったが、例の品のないガーミンで音楽が聴けるため、ブルートゥースの(モノラル再生できる)イヤフォンでスタート前の時間を集中して過ごすことができた。品のないガーミン、買ってよかった!

 

今回の作戦は、とにかく前半はスタート渋滞に巻き込まれてキロ6分でしか走れなくても焦らず流れに逆らわずに走ること。30㎞以降、徐々ににペースを上げていこうという作戦。仙台国際の際は、最終ブロックに整列していたランナーのほとんどは緊張感まるでなし、ほとんど走ったこともないランナーも多かったが、道マラの最終ブロックのひとつ前のFブロックは、ガチ風なランナーも多く、スタート前の緊張感は昨年同様だった。さすが制限時間5時間の大会!

 

定刻9時に号砲!少しずつ前に進むFブロック。約6分後スタート地点を通過。5kmぐらいまではキロ6分でも焦らずに行こう!と決めていただけに札幌の中心街の景色を眺めながらトボトボと走った。中島公園に突き当り左折、そしてすぐに右折、パークホテルの向かいの建物には昔よく仕事で来ていたことを懐かしむ。さらに少し先にある狼スープ(ラーメン店)もよく食べにきたものだ。この辺にくると徐々にペースも上がり、身体に馴染んだ「ららら5分半」ペースに。油断すると5分を切るペースになるため、ぐっと抑えて「ららら5分半」に戻す。すべてランクラ代表の教えのとおり、前半は無理せず、後半に選択しを残す走りを心掛けた。あっという間に10キロ通過、さらに20キロ通過。

 

〜05㎞ 29分13秒

 

〜10㎞ 56分17秒

 

〜20㎞ 1時間49分45秒

ペース 5分29秒

 

中間     1時間55分34秒

ペース 5分28秒

 

そうそう1年前にこんなところ走ったなぁ!と思い出しながらのランが続く。そして昨年よりも早くトップ集団とスライドし、声援を送る。そして、そしていよいよ新川通りに入る。実はこの区間嫌いではない。たくさんのランナーとスライドできることがその理由の一つ。しばらく走っていると、まずはおいやんさんとスライド!大きな声で、「おいやんさ~ん」と声援を送る。おいやんさんも気が付いてくれた。元気な走りだった!「このペースだと結婚のために故郷に帰ることになるなぁ!おめでとう!おいやんさん」とつぶやく。次にスライドしたのが、じぇーてぃーさん!ピンクのはてブロTが目立っていた。ここでも「じぇーてぃーさ~ん」と声援を送る。昨年もこのタイミングでスライドしているが、その時は、たけのこさんだと思っていた。さらに折り返し地点に向かう途中で、餃子ランナーのICHIZOさんとスライド。「頑張ってください!」とハイタッチ!ICHIZOさん、「ありがとうぎょぅざいます」と応える。そうこうするうちに折り返し地点へ。前を走るたけのこさん、太田さんは?ずっと追いかけているつもりだったが中々、見つけることができなかった。スライド区間でもあえなかったし…。混雑する給水所で見落としてしまったのかもしれない。もちろん先を走っている可能性も大である。折り返してからは風をまったく感じなくなる。追い風?25kmを過ぎても脚はまだまだ大丈夫。35kmまではこのままのペースで行こう。そしてゴールまでの5kmはキロ4分台で駆け抜けよう!そんなことを思いながら反対車線をみると、「あっ!たけのこさんだ!」「たけのこさ~ん」こっちを見るたけのこさん。辛そうだが懸命に走っている。そんな姿にこっちも頑張らないと!とパワーをもらう。ありがとう!たけのこさん!

 

25㎞ 2時間16分14秒

ペース 5分26秒

 

30キロ通過。

 

30㎞ 2時間43分19秒

ペース 5分26秒

 

去年はこの辺でチャーリーさんが私設エイドを出してランナーを応援していた。イカランナーとはてブロの幟が道内だけではなくBS放送に鮮烈デビューしたのはもう1年前のこと。今年はイカランナーのチャーリーさんを見つけることができなかったのが残念😢

今年はスイカエイド!(去年もあったかも?)柴又では冷たいスイカに助けられた。今回もと欲張って2切れを鷲掴みして、がぶっと一口で食べたら咽てしまって、タネとともに口に入っていたスイカを一気に飛ばしてしまった。咽るジジイ!スイカは放物線を描きながら中央分離帯へ。汚い!汚すぎる。まぁ、明日会う人でなので…。

 

そんなこんなで新川通を無事通過!

残念ながらyoshiさん、びあーさん、きなともさんとは会えず😢

 

さぁここから勝負だ!だが給水所に滞在する時間が徐々に長くなる。もちろんずっと立ち止まってはいないが…。

 

35km通過!

3時間10分47秒

ペース 5分27秒

 

どうする。ペースを上げるか?いやあと7km脚がもたないかもしれない。3時間40分台を目標に残り5kmでラストスパートしよう。ここまでのペースは5分20秒~5分30秒ぐらいだが、脚さえ攣らなければ大丈夫だろう。そしていよいよ北大キャンパスに入る手前に。ん?左足が、あらら左足が…。あらららららら、左足どうした?攣りそう!攣ってしまう(泣)ラストスパートして華麗に4分台のペースでゴールする自分の姿が、ガタガタと音を立てて崩れていく。それでも踏ん張って、ペースを維持。去年甲本ヒロシばりのジャンプを決めた場所で左足が攣ってしまった。キターーーーーおなじみ脚の攣り!

 

「Ms.ツリー、お前とはもう別れたはず…。」

 

「さすがに未練たらしいオレでさえ、もうお前のことなんてすっかり忘れて、次に向かおうと思っていたのに…。」

 

「なんでまたオレを苦しめるの…。」

 

40km通過。

3時間38分24秒

ペース 5分27秒

 

50分を切るにはキロ5分で走らないと間に合わない。キロ6分以上にまで落ちたら去年の自分も越えられない。これまでほぼイーブンで走ってきたのにここにきて脚が攣っていてペースが落ちる。立ち止まったら攣りがひどくなり、ふたたび走り出すのがしんどくなるだけ。とにかく踏ん張った、何が何でも去年の自分を超えなければ…。この1年が無駄になる。

 

ただのハゲたジジイにはなりたくない。

ハゲいてもサブ4ランナー、

ハゲあがっていてもサブ3.5ランナーを目指すんだ!

 

下品なガーミンを見る、ヘタをするとグロスでサブ4も危ない。

 

1年経っても毛は伸びないが、タイムを縮めて走力だけは伸びたって言われたい。

 

フィニッシュゲートが見えた。すでに50分を切るのは絶望的。あと少し!体感ではキロ6分半ぐらいのペース。頼むオレの脚、これ以上攣りがハゲしくならないでくれ!

 

「Ms.ツリー、もうお前には未練も何もない!別れてくれ!別れたいんだ!」

 

そして、GOAL!!!!

 

3時間50分54秒

ペース 5分28秒

 

なんとか去年の自分を超えた。

相変わらず低レベルでふ

f:id:MacRun:20180829114848j:image

次回は、お楽しみ青空宴会編どぇす。

 

んでは、まだ👋