color="#000000"
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacRun's Blog

お先まっくらんなーな自称「走食系なんちゃってギタリスト」のJOGブログ。

ちばアクアラインマラソン2016を振り返る その1

大会記録

ちばアクアラインマラソン速報」では皆様からのたくさんのコメントとスターをいただきありがとうございます。引き続きご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

 

今回の大会をGARMINのデータを元に振り返ってみた。

まずは「どこを」「どんなペース」で走っていたのかを大会マップを使って確認するところから始めた。後半に失速した原因を探りながら…。

 

f:id:MacRun:20161025061823p:plain

 

①〜8㎞付近

(スタート地点からアクアラインに入る手前まで)

スタートはDブロック(完走予測タイムは自分よりも遅く申請したはずの相方も同じDブロック)

 

イヤな予感がしていたが、スタートしてみるとその予感が的中。ランナー渋滞はあるだろうと予想していたもののいっこうにペースが上がらない。

 〜5㎞ 32分19秒

 

5㎞を過ぎてからも状況は変わらず「これでは坂道が多い後半でタイムを取り戻すことが出来ない」と判断し、ランナー渋滞の中をジグザグ走行(原因その1)。幅広の中央分離帯の上を走っているマナーの悪いランナーもたくさんいた。

 〜8㎞ この3㎞でようやく5分台のペースになる(とはいっても5分50秒)

 〜10㎞ 28分21秒

 

アクアライン区間〜中間点

いよいよアクアライン!ほとんどのランナーが盛り上がっている。そしてここからが登坂。

登りきったポイントが12㎞付近。この4㎞ほどの距離を5分25秒のペースで駆け上がっていた。景色も素晴らしかったため、まったく苦しまずに登りきることができた。(原因その2)

 

途中、ハーフに出場している川内選手、そして吉田香織選手、ランスマでお馴染みの宇野けんたろうさんとすれ違う。吉田香織選手は3月の青梅マラソン、板橋Cityマラソン(チームの応援で参加)でお見かけしているが惚れ惚れするほどランニングフォームが格好いい。

 

そして俊足はてなランナーのnao (id:saitoh_naoki)さんとすれ違う。

思わず大声で「naoさ〜ん」と応援。

すぐに気がついてくれて、トレードマークのあの笑顔で手を挙げて応えてくれた。

は・や・い!!!

 

話しは脱線するが、naoさんとは、板橋Cityマラソンの際に初めてお会いして、今回もスタート前にお会いする約束をしていた。

びあーさんとお会い出来なかったのが残念(泣)

 

そんなnao (id:saitoh_naoki)さんからパワーをいただこうと相方にツーショット写真を撮ってもらった。

f:id:MacRun:20161025065814j:plain

そして相方と3人にでシューズ円陣

f:id:MacRun:20161025070036j:plain

パワーをいただいたのに発揮できずに申し訳けない(泣)

 

話しを戻そう。

 

アクアラインではたくさんのランナーがその景色を写真に収めていた。自分も走りながらスマホを取りだし1枚パシャ!(おそらく12㎞過ぎあたり)

f:id:MacRun:20161025070924j:plain

海ほたるでは多くのランナーが休憩?していたが、前半のタイムを取り返すために水分補給もせず(原因その3)に折り返した。

折り返して15㎞までの約1㎞はまたまた登坂。この1㎞のペースは5分25秒(原因その4)

 

 〜15㎞ 27分06秒

 

登りきったところでまたまた素晴らしい景色が目の前に広がっていた。ここでまたまた撮影ポイント!木更津方面をパシャ!

f:id:MacRun:20161025071705j:plain

このあと相方とすれ違う。残念ながらハイタッチをしようとしたが、かすりもしなかった(笑)

足首を痛めていたので、途中棄権覚悟の参加だったが、予定していたペースで走っている様子でひと安心。

 

ここからは20㎞手前まで一気に下るコース。19㎞を過ぎたあたりで平地になったが、ここで向かい風。さらに左大臀筋から腸脛靱帯にかけてに違和感を感じるようになる。

 

 〜20㎞ 27分12秒

 

中間点のタイムは、2時間00分31秒

なんとか不安だったアクアラインの急勾配も苦しまず走りきることができ、サブ4ギリギリのタイムまでもってこれたことにホッとしていた。

(次回に続く)